ネット界の“旬”なニュースをお届け!

吉野家一人鍋店 ネットの評判は?

2013.10.01 TUE

噂のネット事件簿


ツイッターに関する話題を伝えるサイト「トゥギャッチ」では体験レポが掲載された「いちなべ家」。写真は「牛すき鍋」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
9月26日、牛丼チェーンの吉野家による一人鍋専門店「いちなべ家」の第1号店が東京・神保町にオープンした。

メニューは、「牛すき鍋」「豚しゃぶ鍋」「ちゃんこ鍋」など7種類で、価格は780円と830円の2種類。座席はカウンター席のみで、1席ごとにIHヒーターが設置されている。

一人前サイズの鍋を気軽に食べられるということで、2ちゃんねるの「【外食】吉野家の“1人鍋専門店”、食べて分かったその実力--『いちなべ家』1号店、東京・千代田区にオープン [09/26]」というスレッドでは、

「これで1000円以下なら満足できそう
あとは隣の席との間に仕切りをつけてくれれば文句なし」
「俺はすき焼きが食べたいのに彼女はしゃぶしゃぶが食べたいと
よく喧嘩になるんで助かるわ
東京住みじゃないんで全国展開はよ」
「各席にIHついてるから汎用性は高そう
鍋だけでなく1人鉄板焼きとかもできるんじゃね?」

などのコメントが書き込まれ、好評の模様。しかし、一方では、

「鍋は季節ものだし複数人連れの客には使い勝手が悪そうだし
コンセプトは嫌いじゃないが採算取れるのか」
「鍋は自宅でもできる。
自宅では食べらない煙が出る焼肉にして欲しい」(原文ママ)

といった厳しい意見もあった。

ちなみに、ツイッターを見ると、

「吉野家グループの一人鍋専門店…これは流行る予感。
違うメニューも試してみたい。
これから寒くなるからね。うん、いいね。お野菜追加してもよかったなぁ」
「暇なので最近吉野家が始めた一人鍋屋に来てみた。結構人入ってる!!」

と、すでに行ったというユーザーの報告も見受けられる。これからやってくる鍋が美味しい季節にかけて、一人鍋が流行るかも!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト