ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ゆるキャラGP 優勝予想は?

2013.11.11 MON

噂のネット事件簿


まったく予想がつかない2013年のゆるキャラグランプリ。24日には、また新しい“スター”が誕生する ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月8日23時59分、「ゆるキャラグランプリ2013」の投票が締め切られた。2013年は、企業のマスコットPRキャラクターなども参加可能となったことなどもあり、史上最多のおよそ1100のキャラクターがエントリー。アニメ『進撃の巨人』の「巨人くん」や、L.A.で活躍するアイスをモチーフにした日本発のゆるキャラ「Calaple」が、“逆輸入”的にエントリーしたことなどが話題にのぼった。

投票最終日、ゆるキャラたちは一斉にツイッターを更新。これまでの応援に礼を述べる者、最後の投票を呼びかける者など、さながら本格的な“選挙活動”の様相を呈した。

投票結果は24日に発表される予定で、経過は、締め切りひと月前の10月8日から非表示にされている。これは、運営側によると「わくわく、どきどき」を共有し、グランプリを楽しむためのもの。

優勝について、ツイッター上では、

「順位非表示となるまではぶっちぎりの1位だった出世大名家康くん☆今月24日表彰式では勝どきを上げましょう!」
「1位は家康で確定だろうな。我が軍が何位になるか…まあ、かわいいのはふっかちゃんだけど」
「やっぱり1位は出世大名家康くんかな?スタートダッシュでぶっちぎりだったもんな・・・」
(すべて原文ママ)

と、途中経過で、ぶっちぎり1位だった静岡県浜松市の「出世大名家康くん」が逃げ切るのではないかという声が多い。そのほか、

「優勝:浜松市・出世大名家康くん 準優勝:深谷市・ふっかちゃん」
「優勝予想はぐんまちゃん」

という見方も。「ぐんまちゃん」は2012年の同グランプリで3位だったことから、今年も上位に食い込むのではないかと思われているようだ。また昨年5位だった「ふっかちゃん」には、

「ゆるキャラグランプリ優勝出来るように、毎日投票するね♪」
「今年こそ!みんなの力で、ゆるキャラグランプリの優勝は『ふっかちゃん』にしよう」

など、ファンの団結をみせるツイートが多数投稿されている。

キャラクター研究家の犬山秋彦氏が『POWER BAY MORNING』(ラジオ放送、bay fm 78)で予想するところによると、本命はやはり「出世大名家康くん」。組織票や、メディア露出がうまいというのがその理由だ。対抗馬としては、「ぐんまちゃん」「ふっかちゃん」のほか、栃木県の「さのまる」。いずれも「純粋なかわいい系」で、これまでに全国的名な知名度があり、人気もあるからだという。

また、犬山氏が注目するのは高知県須崎市の「しんじょう君」。絶滅種に指定されたカワウソの友達を探しに旅をしているという設定で、頭に着脱可能な鍋焼きラーメンをかぶっている。初登場ながら、順位非表示前には8位につけていた。

途中順位が早い段階で非表示になったため、ネット上には、「予想がつかない」という声も多数。さて、1位は「出世大名家康くん」か、熱いファンの多い「ふっかちゃん」が逆転するか、それとも「ぐんまちゃん」か、はたまた“大穴”で「しんじょう君」か――。激戦の2013年、これまで以上に、優勝キャラクターに注目が集まっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト