心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮】もみの木がサンタハットでおめかし

2013.11.24 SUN

激撮


街にはクリスマスのための装飾が施され始め、クリスマスまであと1カ月ほどにになった。写真は出荷のためにドイツのベルリンで用意されたもみの木。諸説あるが、もみの木がクリスマスツリーとして使用されるようになったのは、ここドイツが発祥だという。見ての通りサンタハットをかぶり各地へ送られる準備は万端(?)のよう。

ヨーロッパの街では11月末の週末からクリスマス前までの4週間のあいだ「クリスマス・マーケット」と呼ばれる期間限定の市場が開かれ、ベルリンだけでもその出店数は50店舗以上。街に並ぶ店では、クリスマスに使う飾り用の小物から食べ物まで、様々なものが売られているという。

毎年クリスマスに使われるもみの木は、生木を根元から切ってあるため翌年に使用することはできない。写真のもみの木もこの冬でお役御免となるが、来年もまたこのシーズンになれば、街の市場にはたくさんのもみの木が並ぶはずだ。

  • 写真で振り返る2013年!

    富士山世界遺産登録や2020年東京オリンピック開催決定など、日本に注目の集まるニュースの目立った2013年。ゲッティ イメージズがとらえた、2013年を象徴する写真と動画をお楽しみください。
  • デイリー連載「激撮!感動の一瞬」

    心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト