ネット界の“旬”なニュースをお届け!

重い『アフタヌーン』電子化喜ぶ声

2013.11.27 WED

噂のネット事件簿


2014年1月号は、『蟲師』(漆原友紀)完全新作特別篇の前篇や、伝説的名作『寄生獣』の第1話再掲載もある特大記念号 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
講談社の月刊漫画誌『アフタヌーン』が、11月25日発売の2014年1月号より、電子版の同時配信を開始した。今後も毎月25日に漫画誌と同じ内容の電子版を同時発行する。

雑誌「アフタヌーン」の創刊は1986年。『モーニング』の兄弟誌で、漫画家の育成という意味合いもあり、当初はほぼ無名の漫画家の作品も多く掲載。その“量”での勝負は特徴的で、1000ページに及ぶ号も。

講談社で紙と電子版とで同時配信されるのは、『モーニング』の電子版「Dモーニング」に続き、2媒体目。価格は雑誌『アフタヌーン』も電子版も同じ680円。「Amazon Kindle」「楽天<kobo>」など、50書店以上で配信されるという。また、2014年1月号以降はバックナンバーも購入可能だ。

公式サイトでは、「アフタヌーンは好きだけど重い」という声に対する回答として「これからは片手でアフタヌーンが読めます!」などと“電子版”の良さをアピール。

このニュースに、Twitter上には、「かさばらず、軽く、指が黒くならないアフタヌーン!ということで久々に買ってみた」と早速購入したという人の報告のほか、

「あの分厚さにおそれをなしていたので、とてもありがたい」
「うわーマジっすか。一年以上購読してないけどまたはじめようかな」
「部屋を圧迫しないわ腕の筋肉がツラないわ神書籍や…Kobo版はiPadやPCで読めるのもうれしいっす」
「どんどんマンガ誌は電子書籍化して欲しい。買うから」
「よしよし、これでゴミの日の苦行から解放される(笑)。2~3年後に読み返すのもまた楽しからずや」

など、歓迎の声が多数あがっている。“電話帳”ともいわれる分厚さの漫画誌だっただけに、電子化への喜びもひとしおという声が多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト