心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮】パリの街がきらめく“光の都”へ

2013.12.02 MON

激撮


画像提供: ゲッティ イメージズ(451151267/Marc Piasecki/Getty Images Entertainment)
パリの冬の風物詩、シャンゼリゼ通りのイルミネーションの点灯が11月21日から始まった。約2kmにわたって続く数百本の街路樹に飾り付けられたイルミネーションは、世界一の規模と美しさであるといわれる。

街路樹のイルミネーションには、環境にも優しいLEDが使用され、毎晩18時から午前2時までのあいだライトアップされている。この時期だけで毎日約50万〜60万人がこの通りを訪れるという。

コンコルド広場から凱旋門に向かうシャンゼリゼ通りの途中にはロン・ポワン広場があり、その広場には毎年様々な光のオブジェが展示されている。また、クリスマス・マーケットが開かれたり、多くのアトラクションが設置されたりと、寒さの厳しいパリにもかかわらず夜遅くまで多くの人が行き交い、この時期のパリは“光の都”へと変わる。

  • 写真で振り返る2013年!

    富士山世界遺産登録や2020年東京オリンピック開催決定など、日本に注目の集まるニュースの目立った2013年。ゲッティ イメージズがとらえた、2013年を象徴する写真と動画をお楽しみください。
  • デイリー連載「激撮!感動の一瞬」

    心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト