ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ドワンゴ入社試験受験料に賛否両論

2013.12.03 TUE

噂のネット事件簿


ドワンゴは、特設ページを作って採用試験の受験料について説明している。クレジットカード決済のほか、各キャリア決済も可能 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ドワンゴが、2015年の新卒入社試験で2525円の受験料を徴収することを発表した。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に住む受験者のみが対象で、そのほかの地方在住者は免除される。受験料は全額寄付するという。また、合否に関係なく、受験料の返金は行わないとのことだ。

昨今はネットで入社試験を受験できるため、1人がかなり多くの企業にエントリーすることが可能となった。しかしながら、就職口が増えたわけでもなく、採用基準の多様性が増しているわけでもない。ドワンゴ公式サイトの採用ページでは、「結果として、受かるひとはひとりで何社も何十社も内定を獲得できて、受からないひとは100社受けても1社も受からないで心を傷つけられる」という現実があると指摘。さらに、「企業の側も受験生が多すぎて、採用の手間ばかりが増えて、本当に必要な人材を見極める十分な時間をかけることが難しい」という実態があるという。

つまり、ドワンゴとしては受験料を徴収することで、「とりあえず受けてみよう」という受験者を減らすと同時に、人事の負担を軽減することが目的のようだ。

オンライン上でのエントリーが可能になったことは、就活生にとっては便利でありがたいことだが、それらの応募を処理する企業にとってはたしかに大きな負担といえる。そんな状況に一石を投じたドワンゴだが、ネット上では賛否両論がある模様。2ちゃんねるの「【就職】ドワンゴ、新卒入試で受験料を徴収へ 同社『本気の方だけ受験してほしい』」というスレッドでは、

「金がないから就職したいわけでそれに金がかかるようになるのは本来おかしいハズなんだよなあ」
「ここまでするなら無理して新卒採用する必要もないだろ
画期的な事したいなら新卒至上主義を破壊しろ」

と、反発する意見が寄せられた一方で、

「100社とか申し込んでる奴は間違いなく遊び半分でやってるだろ
こうやって絞るのはいいことだわ」
「他企業もマネすべきだな。100社エントリーとかの時点で異常だよ。
受験する就活側も受け入れる企業側も労力でかすぎ。
就活側も受かればどこでもよい、みたいなあいまいな動機付けの入社になるし、その後の人生のためにならんだろ」

など、新卒採用における無駄を排除するには、いいアイデアだと考えるネットユーザーも多かった。

しかし、受験者数を減らすという目的だけであれば、

「こんなことしなくても、何か一つプログラム作って持って来いって課題出すだけで1/100位減るのに」
「本気度調べたいなら論述でもなんでも出させればいいだろ
なんだ受験料って」
「アプリまたは何らかのプログラムをいっこ作成して、それを使ってるところの動画をうp、
を必須にするとかで十分絞れるんじゃないかという気はする」(原文ママ)

など、受験料以外の方法もあるのではないかとの意見も出ており、活発な議論が行われている。

ちなみに、受験料の寄付先は現在決定していないとのこと。決定次第ドワンゴの新卒採用ページで発表されるという。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト