ネット界の“旬”なニュースをお届け!

“みかんこたつ”で2.5万件RT

2013.12.06 FRI

噂のネット事件簿


きれいに作るならハサミやカッターを使った方がいいかも? ※この画像はサイトのスクリーンショットです。
こたつとみかんのセットは日本の冬の定番だが、その二つを融合させた強者がツイッター上で話題になっている。とあるユーザーが「こたつでみかん食べながら みかんでこたつ作ってみた」というつぶやきとともに投稿した写真は、なんとみかんの皮で作られた小さなこたつ。きちんと天板があり、座布団も4つ並んでいるという芸の細かさだ。

そのクオリティの高さとかわいさから、12月4日21時前に投稿してから、6日10時までで2万5000件以上のリツイート、1万5000以上のお気に入り登録というすさまじいスピードでの広がりを見せた。
このツイートは2ちゃんねるの掲示板、そのまとめサイトでも取り上げられ、

「日本の文化を集合させたな」
「猫はいないんですか?」
「地味にすげぇ…」
「発想が素晴らしい」

と称賛の声や和んだ人たちの感想コメントが集まった。

なおネットで調べると他にもみかんの皮で作る「ぞう」や「うさぎ」などの作り方が見つかり、こたつを作ったツイート主も「頑張ればうさぎも作れるらしい!あたしはこたつで精一杯だけど笑」とツイートしている。

過去には『あたらしいみかんのむきかた』『あたらしいみかんのむきかた2』(作・岡田好弘、絵と文・神谷圭介、小学館)という本も出版されており、そこでは「うさぎ」「トナカイ」「ネッシー」(『あたらしいみかんのむきかた』収録)、「えび」「いせえび」「ティラノサウルス」(『あたらしいみかんのむきかた2』収録)などかなりマニアックな作品の作り方が紹介されている。

また著者の岡田氏がYouTubeに投稿した「The Art of Peeling a Tangerine あたらしいみかんのむきかた2」はみかんの皮がするするとむけていき、「えび」に変身する様子のアニメーションで、2011年10月24日に公開されて以来、2013年12月6日10時までに再生回数は26万回以上。

これまで、むいてしまった後は捨てるだけだったみかんの「皮」の新しいポテンシャルに注目が集まっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト