ネット界の“旬”なニュースをお届け!

様々な「壁ドン」フリー画像公開

2014.03.13 THU

噂のネット事件簿


この写真タイトルは「この傲慢な女め…でも嫌いじゃないぜ壁ドン」。これが女性の理想なのか…?
ネット発で、最近注目されている単語「壁ドン」。以前はアパートやマンションなどで、隣室がうるさいときに壁を叩く行為などを表していたが、いつしか、男性が女性を壁際に追い詰め、ドン!と壁に手をつく姿を指すようになり、「女性のロマン」などといわれている。そんななか、無料画像サイト「ぱくたそ」が「壁ドン」写真を多数公開し、話題になっている。

「ぱくたそ」とは、一定条件下であればクレジット表記なしで商用利用も可能な写真素材を、無料で配布しているウェブサイト。カメラマンやモデルは登録制でアマチュアが中心だが、プロのモデルやカメラマンを起用した写真素材も無料で配布されている。

同サイトで扱われる写真はスタンダードなものだけでなく、時事ネタをからめたユニークなテーマのものも数多く存在。これまでにも「ツインテール」や「ろくろ回し」などの素材が話題になることがあり、今回は「壁ドン」をテーマにした写真素材をまとめて紹介したのだ。

今回公開された「壁ドン」写真は、その細かいシチュエーション設定が特徴的。

「夜間の高架下で彼女に壁ドンをする男性」
「女性に抵抗されつつも押し倒す勢いの壁ドン」
「半ば抵抗を諦めた彼女の耳元で決めゼリフを囁く男性」
「この傲慢な女め…でも嫌いじゃないぜ壁ドン」

と、男性が女性を「壁ドン」する写真のほか、

「『わたしの話を聞いて…』女性に壁ドンされる男性」

と、男女が逆転した“逆壁ドン”もある。さらに、

「『7年後も一緒にいようね』と彼女に蝉ドンをする男性」

と、誰がどのようにこの写真を使うかは不明だが、ネット上で「壁ドン」の派生形として生まれた「蝉ドン」(両手だけでなく両足をも壁につけて相手を囲う行為)なるものも網羅している。

ツイッター上には、これらの写真を見たネットユーザーから、

「確かにキュンキュンするかもw」
「やってみたいし、やられてみたいなう(#^^#)」
「壁ドン写真素材を眺めてにやにやしてる」

と、好評な声が上がっている。

ちなみに、編集部が同サイトでフリー画像モデルを務める大川竜弥さんにインタビューを行ったところ、公開した経緯について、

「昨年の秋頃から壁ドンに注目していたのですが、当時はまだ一部の人がさわいでいるニッチなものといった印象がありました。年明けからテレビや週刊誌などインターネット以外のメディアでも取り上げられ、一般的なネタになったと認識し『よし!撮影するドン!』とロケを行ったのです」

と説明してくれた。撮影時の工夫としては、

「壁ドンは女性のロマンですから、女性が感情移入をしやすいようにモデルの顔を見せないなど細かい演出に凝ってみました」

とのこと。女性モデル役・みぞれ氏はブログで、「実際やってみると近すぎて『ぎゃーー////』ってなってました」と振り返っている。

男性諸君、女性がときめくような「壁ドン」を練習してみてはいかがだろうか?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト