ネット界の“旬”なニュースをお届け!

フクロウの癒やし画像が人気

2014.03.14 FRI

噂のネット事件簿


見ていると、こちらも体の力が抜けてくる? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
鋭いくちばしと爪を持つ肉食の猛禽類でありながら、丸々としたフォルムや大きな目がかわいいと、ペットとしても人気のフクロウ。そのフクロウのなかで、ギリシャ神話の女神アテネの従者といわれている「コキンメフクロウ」は、体長20cm前後の小さい体でかわいらしく、特に人気が高い。そんなコキンメフクロウの写真がツイッターに投稿され、“神の使い”とは思えない弛緩した姿で人気を集めている。

3月10日にあるツイッターユーザーが「おい!溶けた雪だるまみたいなやつがいたwww」というツイートとともに写真を投稿。通常は縦長なフクロウが三角おにぎりのようにギュッとつぶれた姿をしている。床暖房のあまりの気持ちよさに、自らを床に押し付けるような姿勢になったようだ。

この写真に、ツイッターユーザーたちは、メロメロになったようで、

「はぁぁぁ~カワエエ 私までトロントロンに溶けちゃいそ」
「かーわーいいいいいー・・・うちにも欲しい」
「え、どーなってるん?(笑)かわいすぎ!」

といったツイートを寄せている。このかわいらしさから、3月13日6時までに7500以上のリツイートと6000を超えるお気に入り登録がなされ、ネット上で広く話題になった。

写真を投稿した飼い主は「雪が溶けてスライムになりつつ」「まだやってるwww しかもそのまま寝ちゃったwww」と、その後の経過も投稿しており、“神の使い”とされるフクロウが床暖房に完敗、寝落ちした様子が写真とともにつづられている。

他のツイートによると、飼い主はこのフクロウをヒナのころから育てており、普段は足にとまったり、風呂場にも付いてくるほど懐いているとのこと。

ちなみにこの飼い主は、飼っている様子がニコニコ動画にアップされていることも紹介している。写真以上に癒やされること間違いなしだが、昆虫を食べる様子には、愛らしいフクロウもワシやタカと同じ猛禽類であることを思い知らされるだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト