ネット界の“旬”なニュースをお届け!

与沢翼の会社が求人 その月給は?

2014.03.17 MON

噂のネット事件簿


今年1月に更新された与沢氏のブログ。「フリーエージェントスタイル門出の日」という書き出しで、「全社グループ業容の一挙拡大志向に伴い、弊社では2014年度、中途採用を開始致します」と採用の告知をしている※この画像はサイトのスクリーンショットです
近年ネットビジネスで成功した“ネオヒルズ族”の代名詞的存在、与沢 翼氏が代表取締役を務めるインターネット関連会社「YOZAWA TSUBASA Holdings株式会社」が、中途採用を開始したことがネット上で注目されている。

ニュースサイト「netgeek」が紹介したことをきっかけに2ちゃんねるでスレッドが立ち、まとめサイトなどを通じ広く拡散している同社の求人募集。転職サイト「マイナビ転職」に掲載されている詳細を見ると、採用予定人数は、従業員数45名の同社において「10名以上の大量募集」となっている。その募集職種は多岐に及んでおり、「プログラマー」「労務・人事」、「コールセンター(サポート)」まで幅広く9職種。「社会人経験2年以上」が応募条件となっている。

ネットユーザーたちは、「秒速1億円稼ぐ」というキャッチフレーズを持つ与沢氏の会社とあって、その給与額が気になっているようだが、ページに掲載されている月給は、「20万円~80万円」で、モデル月収例として最大の給与額が掲載されているのは、「プログラマー業務」で60万円だ。

与沢氏は、今年1月にも「与沢翼オフィシャルブログ」で、「2014年度、中途採用を開始致します」という見出しのエントリーで独自に作成したと思われる応募ページの告知をしており、そちらでも求人内容はほぼ同様。給与は「月額20万~最大80万円」としたうえで、

「※スキルや前職給与額などを参考に
個別にご相談させていただきたく思います。
※また、コールセンター部門は営業成績による歩合制も
検討させていただきます」

と記されている。

ツイッターでは、この募集内容を知ったユーザーから以下のような声が書き込まれている。

「プログラマー60万!60万ですよー。みんな急げ!」
「プログラマーの待遇いいな!」
「与沢翼の求人、コールセンター業務の月収が低い」
「与沢翼氏の会社の求人。。。具体的なこと、何一つ書いてなぃょ。。。六本木ってことしかわかんなかったょ」
「『フレームワークやワードプレスのスキル』ってざっくりしてるなぁ」

このように、プログラマー業務の高給ぶりに驚く反応が多数だが、掲載内容の曖昧さを指摘する声も少なくない。そして、6カ月という試用期間の長さに戸惑う声も複数見られた。

反応は様々であるものの、いまやネット上で最も有名な経営者のひとりである与沢氏の会社ということで、ネットユーザーにとっては興味津々な求人募集となっているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト