ネット界の“旬”なニュースをお届け!

学校教育ボカロ導入で熱い議論勃発

2014.04.03 THU

噂のネット事件簿


ボーカロイド系の音楽制作コースが開設された四国大学短期大学部音楽科。ミュージシャンを目指すための演奏コースもある ※この画像はサイトのスクリーンショットです
初音ミクに代表されるボーカロイドを学校教育の現場に導入するケースが増えており、ネット上で話題になっている。

たとえば、徳島県の私立四国大学では、2015年度から2年生の短期大学部音楽科でボーカロイドを使用した音楽制作を学ぶ「音楽制作コース」を設置。音楽系の大学としては日本初の試みで、作詞・作曲やDTM(デスクトップミュージック)の基礎から、ボカロ作品制作を学ぶことができる。

また、東京都武蔵野市の藤村女子中学校では、音楽の授業でボーカロイドによる作曲を導入。授業の様子は、初音ミクのYouTube公式チャンネルでも紹介されている。

ボーカロイドで楽曲を制作し、ニコニコ動画などで公開する、通称・ボカロP(ボーカロイド・プロデューサー)が、プロのミュージシャンとなることも当たり前になり、世界ではボーカロイドが日本のポップカルチャーとして認知されつつある。学教教育の場にボカロが登場するのも、当然の流れといえそうだが、ネットユーザーの意見は様々だ。ツイッターの反応を見ると、

「まあ大学からならいいんじゃない?外国人にも人気の出そうな講義内容になりそうだし」
「時代が追いついた。音楽のハードルを下げて門を広げたのは確か」(原文ママ)
「ボカロエディタは作曲ツールより視覚的且つ直感的に操作するのに向いてるし、音楽を楽しく学ぶという意味では中々いいのでは?」

などと、ボカロの教育現場導入を歓迎する声がある一方で、

「ボカロを導入ってどうなのかな
人気はあって良いかも知れないけど教育としては…」
「個人的にボカロもアニメも趣味に止めて皆違って皆いい位で大人しく見守る方が良いと思うんですがね」(原文ママ)
「ボカロを音楽教育に導入検討。ボカロって趣味で好き勝手やるから面白いのであって、お勉強としてはどうかと思う。うちのおチビが宿題でボカロ調声やんなきゃって言い出したり、受験に出るなんてことになったら… (ノД`) なんか違う~」

と、ボカロはあくまで趣味として楽しむもので、教育の場で学ぶものではないという意見も多い。また、

「ボカロを否定するわけじゃないけど、情操教育としての音楽教育はボカロである必要ないし
技術としては素晴らしいが、発表されている曲の9割は所詮同人音楽だからな・・」
「vocaloidを『ジャンル』でなく『手段』として捉えることができるか。視聴者が広い視野を持つことが日本の音楽文化の発展に繋がる」

と、音楽制作ツールとしてのボーカロイドを高く評価しつつも、教育の場では、ボカロ曲としてニコニコ動画などで公開されている楽曲と一定の距離を置くことが重要なのではないかとの意見もあった。

教育現場への導入については賛否両論あるボーカロイド。とはいえ、多くのネットユーザーが音楽制作ツールとして優秀であると考えているのは間違いないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト