働くオトコの「頭皮」ラボ

“髪のチカラ”に悩むオトコが多い地方ランキング!

2014.05.14 WED

働くオトコの 「頭皮ラボ」


関東地方はほかの地方と比べて髪のチカラに悩みを持つ人はやや少ないことが判明

髪のチカラに悩むオトコが多い地方1位は…「中国・四国地方」!



「北海道・東北・北信越地方」「関東地方」「中部・関西地方」「中国・四国地方」「九州・沖縄地方」、これら5つの地方に住む30~40代ビジネスマン400人(※)に、「髪のチカラに悩んでいるか?」を聞いたところ…、悩んでいる人が多い地方1位は「中国・四国地方」(76%が「悩んでいる」と回答)、2位は「九州・沖縄地方」(74%)、3位「北海道・東北・北信越地方」(71.2%)、4位「中部・関西地方」(66.7%)、5位「関東地方」(59.5%)という結果に。具体的には、「髪にボリューム(コシ)がない」「髪が抜けやすくなった・細くなった気がする」などについて悩んでいる人が多いようだ。

では、この差はどこから出てくるのだろう? 頭皮や髪のケアのために「『まごわやさしい』が頭文字につく食べ物が良い」なんて昔からいわれているが、実際食生活にも差があるようだ。厚生労働省が実施している「国民健康・栄養調査(2012)」によると、都道府県別の野菜の一日あたりの平均摂取量は、頭皮に悩んでいる人が最も少ない関東地方の東京都は360g、一番(悩んでいる人が)多い四国地方の愛媛県は278gと大きく異なる結果に! 食生活で頭皮に必要な栄養をきちんと補っているかどうかで、頭皮環境にも差が出ている…のかも?

そしてもちろん、食生活と合わせて、直接頭皮ケアをするシャンプーでも必要な成分を補給したいところ。最近では、男性向けに開発されたそんなシャンプーもいろいろ増えてきているのでぜひチェックしてみてほしい。たとえば、「タンパク質が失われやすい」という男性の頭皮の特徴に合わせて対策を講じたユニリーバ・ジャパンの新ブランド「CLEAR FOR MEN(クリアフォーメン)」。男性の頭皮に必要な補給成分(アミノ酸(バリン)、ビタミンE誘導体、タウリン:保湿・整肌成分)を配合した「シャンプー」「エクストラケアコンディショナー」のほか、「薬用 スカルプ&ヘア スパークリング トニック」(医薬部外品)の3アイテムで展開中だ。

どの地方に住んでいても、頭皮の悩みは今のうちから対処しておきたいもの。しっかりシャンプーやヘアケア用品を選んで、将来に備えよう!

(※)全国の30~49歳の男性会社員400人(30~34歳:100人、35~39歳:100人、40~44歳:100人、45~49歳:100人)を対象としたインターネットアンケート調査結果/2014年4月実施/アイリサーチ調べ)
こちらが新ブランド「CLEAR」のラインナップ。左からシャンプー、エクストラケアコンディショナー、薬用 スカルプ&ヘア スパークリング トニック(医薬部外品)
  

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト