ネット界の“旬”なニュースをお届け!

募金協力でアイス無料 31で行列

2014.05.13 TUE

噂のネット事件簿


寄付イベント「フリースクープ」で、各地に行列発生。1年に7回ある「サーティワンの日(31日)」には、ダブルコーン、ダブルカップが、通常価格の31%オフとなり行列ができる店が多い ※この画像はサイトのスクリーンショットです
サーティワンが5月11日、募金に協力するとレギュラーシングルコーンを1つプレゼントするキャンペーンを実施。ツイッター上には、行列報告が相次いだ。

このキャンペーンは、サーティワンがユニセフの取り組みに協力して行ったもの。ユニセフは、学校に行きたくても行けないアフリカの子どもたちの教育機会を拡大する「スクール・フォー・アフリカ(アフリカに学校を)」という取り組みを実施しており、これに賛同したサーティワンは、募金に協力した人にワンスクープ(レギュラーシングルコーン)をプレゼントするほか、応募者ひとりにつき同社からさらに10円をユニセフに寄付する「Free Scoop(フリースクープ)」を実施した。

キャンペーンは、午前中の1~2時間に絞られていたため、当該時間中にはツイッター上に「サーティワン」の文字があふれかえった。ツイッター上には、

「やべー、サーティワンでの行列がすごい、はじめて見たww」
「地元のスーパーサーティワン1時間待ちとはwww」
「サーティワン長蛇の列やった」

と、行列報告が相次ぎ、

「サーティワンまぢ神♪ 10円でレギュラー食えた」
「50円でサーティワン2人分とか!! らっきーー」
「10円じゃ悪いかと思って100円募金してサーティワン食べた」

と、募金額に指定がなかったようで、通常のレギュラーコーンの価格より安い金額でアイスを貰った人が、喜びのツイートを次々と発信。なかには

「サーティワン3件はしごして4個たべてきた」(原文ママ)
「サーティワン4店舗ハシゴしてきた」

など、複数店舗を駆け回った人もいたようだ。

今回のキャンペーンは「アイス」で募金を呼びかけるものだったが、ユニセフは動画を使った啓発活動や、「10分間スマホに触らない」ことで途上国に1日分の安全な水を寄付する「Tap Project」など、様々な取り組みを行っている。サーティワンのフリースクープは毎年1回実施されているので、来年はアナタもアイスで寄付活動をしてみてはいかが?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト