働くオトコの「頭皮」ラボ

オトコは【31.6歳】から頭皮が気になる!

2014.06.04 WED

働くオトコの 「頭皮ラボ」


30~40代のビジネスマン400人中、69.3%(277人)の人が「今、自分の髪の毛の量を気にしている」と回答した。アナタは気にしている? していない? (c)jedi-master - Fotolia.com

頭皮を気にしていても表に出さずに裏でしっかりとケアするべし!



30~40代のビジネスマン400人(※1)に、「今、自分の髪の毛の量を気にしている?」と聞いたところ、277人(69.3%)の人が「気にしている」と回答。さらにその277人に「自分の頭皮が気になり始めた年齢は?」と聞いたところ、平均は31.6歳という結果に。30代の入り口でこの問題に直面する人が多いことが分かった!

次に30~40代のビジネスマン400人に「自分の頭皮がベストコンディションだった年齢は?」と聞いたところ、平均年齢は21.6歳だった。つまり、入社とともにコンディションが少しずつ低下し、30代を迎えていよいよ…と感じる人が多いようだ。

では、そんな僕ら30~40代の頭皮事情について、後輩や女性社員はどんなことを感じているのだろう? 20代のビジネスパーソン(男女)200人(※2)に聞いたところ…「夏場にアブラぎっていたり、フケが出ていたのには引いた」(27歳女性)、「清潔にしてほしい」(25歳女性)など、不潔なのはNGと訴える意見や、「上司に薄毛を自虐ネタにされると対応に困る」(28歳男性)、「気にしていることを表には出さず、でもしっかり頭皮ケアはしてほしい」(29歳女性)、「頭皮をケアしてカッコいい上司でいてほしい」(26歳男性)などの意見も。気にするそぶりは見せてほしくないが、でも裏ではしっかり頭皮ケアをしてほしいと思われているようだ。
こちらが新ブランド「CLEAR」のラインナップ。左からシャンプー、エクストラケアコンディショナー、薬用 スカルプ&ヘア スパークリング トニック(医薬部外品)
ビジネスマンとしてアブラが乗るのは歓迎だけど、頭皮にアブラが乗るのはカンベンですよね。では具体的にはどんな頭皮ケアをすればいいのだろう? もっともシンプルで実践しやすいのはシャンプー選びだ。きちんと余分なアブラをとって頭皮をケアしてくれるアイテムがマストになってくるわけだが、たとえばユニリーバ・ジャパンの新ブランド「CLEAR FOR MEN(クリアフォーメン)」は、アブラっぽい頭皮をしっかり洗い上げ、かつ男性の頭皮に必要な補給成分(アミノ酸(バリン)、ビタミンE誘導体、タウリン:保湿・整肌成分)配合処方でしっかりケアもしてくれる。切れ毛が少ないことも特徴だ。「シャンプー」「エクストラケアコンディショナー」「薬用 スカルプ&ヘア スパークリング トニック」(医薬部外品)の3アイテムで展開中。

頭皮が気になりだす平均年齢は31.6歳。この歳以降は、キミも将来に備えて頭皮ケアを始めてみては?

(※1)全国の30~49歳の男性会社員400人(30~34歳:100人、35~39歳:100人、40~44歳:100人、45~49歳:100人)を対象としたインターネットアンケート調査結果/2014年4月実施/アイリサーチ調べ)

(※2)全国の20~29歳の男女会社員200人(男性100人、女性100人)を対象としたインターネットアンケート調査結果/2014年4月実施/アイリサーチ調べ)

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト