牛乳、しじみ、カレーetc.

「酔いにくくなる食べ物」を検証

2014.06.19 THU


今回取り上げた食べ物の中では、とり肉と牛乳が仲先生のおすすめ。飲み会直前の牛乳ととり肉系のおつまみで、悪酔い知らず!? イラスト/沼田 健
ビールがおいしいこの季節、翌日に悪影響を与えないよう試したいのが「酔いにくくなる」といわれている食べ物。でも、本当に効果はあるものなのか? 川崎南部病院健康管理センター所長の仲 眞美子先生に効果のほどを伺った。

◎とり肉…アルコールの分解に欠かせない“必須アミノ酸”を多く含む。また、細胞の“材料”であるタンパク質が肝細胞の再生に優先的に使われ、解毒分解作用が向上

◎牛乳…飲酒の直前にコップ一杯程度を飲むことで胃に膜が張られ、アルコールの吸収が穏やかに

○海藻…水溶性の食物繊維が、消化器官でのアルコールの吸収を抑える

○しじみ…アルコールの吸収を穏やかにする。肝細胞の再生も期待できるが、摂取できる全体量が少ないため、効果は肉に劣る

○ゴマ…肝細胞の代謝機能を高め、解毒分解作用を促進

○枝豆など大豆製品…必須アミノ酸を含み、解毒分解作用を補助

○カレー…ターメリック(ウコン)が肝細胞の代謝機能を高め、解毒分解作用が向上

○イカ、タコ…肝細胞の機能を改善する成分・タウリンを含有

○お茶、コーヒー…飲酒後に飲むと、カフェインがアルコールの分解を助ける

△大根…消化酵素がアルコールを分解するが、その働きは脇役程度

△グレープフルーツジュース…ビタミンCがアルコール分解を助ける。しかし、肝臓での解毒分解を阻害する酵素も持っているので、効果はイマイチ

仲先生によると、上記で一番「酔いにくくなる」のはとり肉で、「飲む前に2~3個のからあげを食べると◎」とのこと。他の食べ物も、高い効果を期待するには“飲酒前に”がベストのよう。数時間後の自分の姿を決めるのは、おつまみかも!?
(田中恵里菜/GRINGO&Co.)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト