ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Twitterが「GIF対応」

2014.06.23 MON

噂のネット事件簿


イラストレーターで漫画家のコザキユースケ氏も早速投稿 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本時間6月19日、Twitter社が、WebサイトとAndroid、iPhoneでGIFアニメが見られるようになったことを発表した。これまでは、Twitter上に投稿したGIFアニメは外部リンク先にアクセスしなければ見ることはできなかった。

GIFとは、画像ファイルのフォーマットのことで、複数の画像を統合してひとつの画像ファイルにできるのが特徴。また、連続した画像を順番に表示することで“パラパラ漫画”のような映像として見せることが可能で、そうしたパラパラ漫画調のGIFを一般にGIFアニメと呼ぶ。比較的手軽に作成できるため、世界中に根強いファンがいる。

実際には、ツイートおよびタイムライン上でGIFアニメが自動的に再生されるわけではなく、投稿したGIFアニメは動画扱いとなり、ツイートには再生ボタンが付けられる。ボタンを押すと、再生されるという仕組みだ。

といっても、見た目は確かにGIFアニメであり、Twitter上には、

「やっとGIF載せられるようになったのねTwitter」

という喜びの声が相次ぎ、

「gifアニメが対応したらしいので記念に~!」
「TwitterでGIF対応との事で、早速作成してみました」

など、早速GIFアニメを投稿する人が続出。その一方で、

「Twitterのgif対応って、今まで岐阜県民にはTwitter使わせてなかったのかと思った」
「岐阜県民も大喜びですね!フウッ!!!!!」

など、GIFは「ぎふ」とも読むため、「岐阜」と絡めてネタにする声も…。

もともとGIFは、1987年、当時人気だったパソコン通信会社「コンピュサーブ」で働いていたスティーブ・ウィルハイト氏が開発したもの。GIFに対応したことで、Twitterの投稿の幅が広がるのは間違いなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト