ネット界の“旬”なニュースをお届け!

やじの切り返しも「政治家素養」?

2014.06.25 WED

噂のネット事件簿


「受け流す余裕を」と呼びかけた竹田氏のツイート ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月18日に開かれた東京都議会で、みんなの党の会派「みんなの党Tokyo」の塩村文夏(しおむらあやか)都議が女性の妊娠・出産等の支援について質問するなか、「結婚した方がいいんじゃないか?」などというやじが飛ばされた。このことを同党のおときた駿都議などが問題視すると、“女性蔑視”などとして大きな波紋を呼び、23日になってやじを飛ばした自民党議員の鈴木章浩氏が謝罪。一件落着にみえたが、ネット上には、一連の流れに疑問をもつ声も少なくない。

20日、やじを飛ばした“犯人探し”が行われている最中、ベテラン漫才師の内海桂子は、ツイッターで、

「事の背景は知らないが男女同権の昨今その場で『今のヤジは誰が言った』と女都議が切り返せば話は早いしその場で事は済む。自分で出来ないならその場で議長に要請すればいい。プロ同士が戦っている世界の話はまずその世界で解決すべき」

とコメント。また作家で、憲法学者の竹田恒泰は23日、ツイッターで、自身もテレビ番組で少子化問題を論議している際に、社会学者の田嶋陽子から「あんたが早く結婚しなさいよ」と言われたことがあることを明かし、

「でも男性蔑視などと話題になったこたもない。おなじヤジでも、立場が変わると大分違うものだと思った」(原文ママ)

と振り返りながら、

「ちなみに僕の場合、田嶋陽子さんのヤジに対しては『私の事はほっといて下さい』とか『じゃ可愛い子を紹介して下さい』などと言って笑いにしてきました。無論人格を否定するヤジはいけませんし男女の違いもありますが、塩村さんには、上手に受け流して嫌味の一つでも言う余裕を持って欲しいと思います」

とコメントした。これに対し、ツイッター上では、

「TVのバラエティ番組とは違う!都議会ということは忘れてはいけない」
「そういう余裕もほしいですが、議会での発言は笑いで済ませるべきではないのでは、と思います」

と、場面と場所が異なるため、同じ問題にしてはいけないという声があがったが、

「ユーモアとウィットに富んだ上手い返しができるというのも自身をヤジから守る武器になるんですけどね」
「確かに、ヤジは品性のかけらも社会性もなかった
だけど、彼女が泣いて騒いだことで
何か問題の本質がぼけたと思う」

という意見も。もちろん、言っていいことと悪いことがあるが、不意打ちを受けた時の上手な切り返し方を身につけることも、政治家の能力のひとつとみる人は多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト