ネット界の“旬”なニュースをお届け!

LTEの100倍!? 5Gの不安点

2014.08.21 THU

噂のネット事件簿


5Gが実現すれば、動画のダウンロードも一瞬になる…かも
東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに、次々世代の携帯電話の通信方式「第5世代」(5G)を実用化するつもりだという総務省の方針について、読売新聞が報じ、ネットで話題となっている。

5Gは、現在最新の通信方式である第3.9世代/第4世代(LTE/LTE-Advanced)をさらに高度化した次世代の通信方式。国際的に研究が進められており、日本ではNTTドコモが、富士通、NEC、Nokiaなど国内外の大手電機メーカー6社と協力して実験を行う計画を発表している。

将来的な普及端末数・通信量の増加を踏まえ、5Gでは、通信速度は10Gbps以上を目指す。NTTドコモによると、実現すれば、LTEに比べて100倍以上の超高速通信、1000倍以上の超大容量通信が可能となり、例えば高精細の4K動画なども携帯端末で快適に楽しむことができるようになる。

快適なネット環境の実現化は、ネットユーザーにとっても大きな関心事。ツイッターには、

「世界が変わる!!」
「これからの6年間に一体何が起こるのかと思うと、楽しみ」

と楽しみにする声もあるが、

「これ以上、スピードを上げても意味がないような」
「これ以上速い通信速度の恩恵って、動画ファイルくらい?料金も上がるだろうし釣り合うかなぁ?」

と、“LTEの100倍速い”という速度がピンとこない人も多数。また、

「最高速度はもういいよ…7GBで制限かかるのをどうにかしようよ」
「ガラパゴスになりませんよう、且つユーザーのニーズを考慮した料金体系を!」

など、現在一般的に行われている通信制限を撤廃してほしいという意見や、5Gが実現した場合の通信料を気にする声も多く見られた。

ネットの環境は目まぐるしく進化する。2020年、どんな世界が待っているのか…。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト