ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ダイヤモンド富士」撮影報告続々

2014.08.22 FRI

噂のネット事件簿


晴れるだけでなく、風も穏やかでなければ撮影不可能な「ダブルダイヤモンド富士」。まさに奇跡の一枚 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月19日、静岡県の田貫湖にダイヤモンド富士が登場。ツイッターでは撮影報告が相次ぎ、それを見たネットユーザーから感嘆の声があがっている。

ダイヤモンド富士は、富士山頂に太陽が昇る瞬間、もしくは山頂に太陽が沈む瞬間、まるで太陽がダイヤモンドのように輝いて見える光景を指す単語。富士山の東側であれば日没を、富士山の西側であれば日の出の瞬間を捉えることになるが、太陽がちょうど山頂を通過する瞬間は年に2度しかなく、当日には多くのカメラマンが集まり、撮影の機会をうかがっている。

そのなかでも、今回報告が相次いだ田貫湖は、山中湖と並んで撮影者の多い場所だ。8月19日、ツイッターには、

「ダイヤモンド富士! 田貫湖で4日間しか見れない景色」
「田貫湖、夏のダブルダイヤモンド富士」
「先ほどのダイヤモンド富士です」

など、ダイヤモンド富士の撮影成功を報告する、画像付きのツイートが相次ぎ、なかでも、湖面に映る逆さ富士の撮影にも成功した「おはようございます。田貫湖からのダブルダイヤモンド富士です!」というツイートには、

「凄いベストショットですね」
「雲も切れてステキなWダイヤモンド富士ですね~」
「まさにダイヤモンド」

と、絶賛の声が殺到。当該のツイートは1100人以上がリツイート(8月22日時点)している。

これらを見れば、「自分で見てみたい。撮影したい」と思った方もきっと多いはず。国土交通省関東整備局は、富士山への良好な眺望を得られる「関東の富士見百景」を選定し、HPでダイヤモンド富士が観測できる地点を多数紹介している。リストには、「ダイヤモンド富士が見られる日」も併記されているので、あなたもその目でダイヤモンド富士を体験してみてはいかが?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト