たとえようのないアノ痛みを回避したい

革靴の「靴ズレ」を防ぐテクニック

2014.10.31 FRI


多くのメーカーから、足の悩みに合わせて様々なパッドが市販されている。「合わないから…」と、おろしたての靴を眠らせてしまう前に、一度試してみては?
おろしたての新しい革靴を履いていて、“靴ズレ”に悩まされたことのある人は多いだろう。

かくいう私もまた、長年靴ズレに悩まされてきたひとり。擦れるところに絆創膏を貼り、ワセリンを塗って摩擦を減らすなど、思いつく範囲で工夫してきてはみたものの、痛みがなくなるのはほんの一時…。なんとか靴ズレを防ぐ方法ってないのだろうか。

そこで、「足と靴と健康協議会」に所属する、上級シューフィッターの俣野好弘さんに聞いてみた。

「革靴を履いて歩行すると、足と靴が上下運動でこすれ靴ズレが起こってしまいます。だからといって、ズレないようにと小さい靴を選んではいけません。きつい靴を履いたときは、1カ所に圧力が集中してかかとに食い込んでしまいますから」

では、慣れるまで我慢するか、履きたい靴をあきらめるしかないのでしょうか?

「対策はいくつか考えられますが、手っ取り早いのは少しゆとりのあるサイズの“ひも靴”などを選び、足と靴がずれないようにかかとをしっかり固定することですね」

でも、“ひも靴”以外の革靴も履きたい場合もあるのですが…。

「そういう場合は、パッドを入れましょう。足の悩みに合わせて様々なパッドが市販されています。靴ズレには、かかと部に厚さ3~5mm程度のパッドを入れ、足を持ち上げることと、中足骨(ちゅうそくこつ)パッドがお薦めです」

中足骨パッドとは、靴の前方に敷くパッドで足の前ズレ防止に注目のアイテムだという。

「人間の足は、片足26個もの骨があります。中足骨とは、足の両側のでっぱりを結んだライン上にある、へこみの部分。ここにパッドを入れると足の甲を持ち上げる役割を果たすので、足が前に滑りにくくなります。つま先の窮屈さが軽減され、かかとも合いやすいのです。靴を脱いだときに見えるのが恥ずかしいなら、中敷きの下に敷いても問題ありません」

それはいいことを聞きました! 

きついよりは余裕のある靴を選んで、パッドはもちろん、スポンジなどで調整する方法もあるのだとか。買った後の“自分仕様カスタマイズ”が靴ズレ防止には正解のようですよ。
(齋藤 玲/清談社)

※この記事は2012年10月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト