ネット界の“旬”なニュースをお届け!

iPad、大型化でmini消滅?

2014.11.05 WED

噂のネット事件簿


iPadは、最初のiPad発売日以来、平均約330日周期で新モデルが発売されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
新モデル発売の噂が取りざたされるiPad。11月になり、アップル社製品関連の情報サイト「MACお宝鑑定団blog」 が新作iPadとなる「iPad Pro」についての噂を伝え、話題になっている。

同ブログでは、「信頼出来る情報筋」からの情報として、「iPad Pro」は12.2インチのディスプレイを搭載し、Surface Pro 3の対抗モデルになるとする。厚みはiPhone 6とiPhone 6 Plusの間くらいで、iPad Airよりは薄く、iPad Air 2よりは厚くなる。またデザインはiPad Air 2がベースで、スピーカーおよびマイクが底面だけでなく頂点にもあり、ステレオ再生が可能になっているとのこと。

さらに同ブログは「iPad Pro」が登場するのは2015年第3四半期としており、海外メディア「Phone Arena」がこれを引用するなど、世界的に噂が駆け巡っているところだ。

これまで「iPad Pro」は12.9インチになると噂されてきたが、今回の記事では12.2インチとされるなど、毎度やきもきさせられるアップル社製品の新情報。現行iPad Air2の大きさが9.7インチ、iPad miniが7.9インチということから考えると、いずれにしてもかなり大型化することになる。

ネットでは、この大型「iPad Pro」により、iPad miniが廃止されるという噂も登場している。Twitterには、

「確かにiphone 6plusとiPad miniの境界線微妙だもんね」
「iPhone 6 Plusの存在を考えれば、もう存在意義が薄いからね」

と、iPhone 6 Plusが出た今となっては、iPad miniとの差別化が難しいと指摘する声もあるが、

「噂段階だけれど、miniの大きさと軽さが好きだから是非残って欲しいもんだ」
「miniと同じ使い方するには6plusはちっちゃいぞ」

という擁護派も。一方で、

「もちろんappleなのでただ大きいだけじゃないことを期待したい(´・ω・`)」
「iPad Pro 発売されそうな予感だけど、ラインナップを増やすんじゃなくて、品質を上げて欲しい」

など、スペックの向上を期待する声がみられる。

いずれにしてもiPad Air 2が10月24日に発売されたばかりで、「iPad Pro」はまだまだ噂段階。iPhoneが大型化を突き進むなか、iPadの進化の行方にも注目だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト