ネット界の“旬”なニュースをお届け!

無き東横線渋谷駅、工事動画が圧巻

2014.11.15 SAT

噂のネット事件簿


美しい映像と煽り気味のBGMはまるで映画の予告編を思わせる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2013年3月に行われた東急東横線・渋谷駅の移設工事は大きな話題を集めたが、その工事の模様をダイジェストで収めた動画が11月11日にYouTubeで公開され、特に海外のネットユーザーから好評を博している。

渋谷の待ち合わせスポットとして長らく親しまれてきた東横線の渋谷駅地上駅舎は、昨年3月、東横線と東京メトロ・副都心線が相互直通運転を開始した際に使用が終了した。終了直前には、数多くのテレビ番組や雑誌が地上駅舎を懐かしむ特集を組み、最終電車発車の瞬間には、別れを惜しむ鉄道ファンでホームが埋め尽くされたのは、記憶に新しいところだ。

公開された動画は、地上駅舎最終日となる2013年3月15日の最終列車が通過し、翌朝の始発列車が走り出すまでの数時間で行われた移設工事の様子を収めたもの。2分50秒の動画には、最終日の渋谷駅のホームや改札付近の様子、代官山駅の線路およびホームの切り替え工事、試運転、始発列車の到着までが早回しで収められている。

この動画は、2013年5月に開催されたカンファレンスイベント「TEDxTokyo2013」で公開され、1200人の工事関係者が一斉に作業に当たるシーンが、外国人の大きな反響を呼んだという。コメント欄にも、海外から、

「Respect! (尊敬)」
「Amazing effort and coordination of 1200 workers (1200人の労働者の驚異的な努力と連携)」

といったコメントが寄せられており、世紀の大工事は、世界レベルでの感動を呼んでいるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト