ネット界の“旬”なニュースをお届け!

長い社名、年末調整騒動で公式回答

2014.11.18 TUE

噂のネット事件簿


よほど問い合わせが多かったのか、回答欄には「ご不便をおかけして申し訳ございません。」というお詫びの文言も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
年末調整のシーズンが到来した。控除を受けるために、加入している生命保険などを申請する必要があるが、ネットでは、Web申請する際、「生命保険会社の社名が長すぎて、入力できない」という悲鳴が噴出。合併により今年9月に誕生した「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」だ。

ツイッターには、

「保険の会社名が長すぎて(22文字)年末調整システムの入力欄に入らない件」
「字数オーバーでエラーになったww笑えるけど、ど~すりゃいいの!?」

など、困惑する投稿が続々と登場。申告書には、氏名欄と同等程度(約10文字)の文字数制限がある場合がほとんどだ。ところが、「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」は倍以上の22文字もある。そんな声に対し、

「金額さえ合ってれば『損保ジャパン』だけでOK。会計事務所職員より」
「実務上はあくまで区別さえ付きゃいいから、分かる程度に省略して書けばいいよ」

など、アドバイスも寄せられていたが、このたび同社サイトの「よくあるご質問」ページに、公式としての回答が公開された。件名は

「社名が長くて、給与所得者の保険料控除申告書の『保険会社等の名称』欄に記入できません。省略して書いてもいいですか?」

で、回答は

「『SJNKひまわり生命』とご記入ください」

とのことで、ピッタリ10文字になる。ツイッターには

「それでも長い気がw」
「いっそ正式社名にしちゃえばいいのに」

という意見も。上記の回答には注釈として、「正式な当社略称ではありません。保険料控除申告書のご記入にあたり、便宜上ご使用いただくものです」という文が加えられている。“便宜上”という言葉に、あくまで社名は「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」だという同社のこだわりがにじみ出ているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト