ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイッターで140文字以上可能?

2014.12.09 TUE

噂のネット事件簿


140文字以上表示できた!? まさかの方法 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Twitterに投稿できる文字数の上限は140字。しかし、これを超えた文字数をツイートする方法が発見され、Twitter上で話題になっている。

この方法は、冒頭に「http://」、文末に「.」を挿入することで、ツイートの本文を日本語ドメインに“誤認”させるというもの。例えば「http://おはよう.com」「http://おつかれさま.jp」と入力すると、「http://」および「com」や「jp」部分は表示されないため、「おはよう.」「おつかれさま.」と表示される。Twitterで表示されるドメイン名は37文字までで、投稿できるURLは最大6個までなので、37×6の222文字を表示させることが可能になるというわけ。

これを最初に発見した人のツイートは、2万以上リツイートされるなど大反響で、

「謎の努力よね。ネタとして評価する」
「おーっ、なるほど!」

という声とともに、試してみる人が続出した。2ちゃんねるの開設者・ひろゆき氏も、「世の中はこういういろんなことを思いつく人が.いるもんだなぁと感心」などと、213文字を表示させるテストをしている。

なかには、

「ツイッターで140文字以上投稿するならツイッターやってる意味無くね」
「140文字以上書きたいならツイッター以外で書いたらいいんじゃないの?」

という素朴な疑問を呈する人や、「140以上書いた文章の画像を貼ればいい!!!」というさらなる裏ワザ(?)を提案する人も。

ルールの裏を探るのは、ネットユーザーの“お家芸”。とはいえこれはちょっとした“バグ”でもあるため、Twitter側が対策を講じる可能性は高い。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト