鬼のパンツはなぜ虎パンツ?

意外に“新しい”豆まきの習慣

2015.01.29 THU


ちなみに江戸時代の絵本である黄表紙に描かれている鬼の姿は、汚いヒヒ爺、といった趣のものが多かったのだとか 写真提供:のぶのぶ/PIXTA
2月3日は節分。柊(ヒイラギ)にイワシの頭を刺したものを飾り、豆をまくという行事が行われていることはよく知られていますが、そもそもどんないわれがあるものなのでしょうか? 日本のしきたりに詳しい、民俗学者の神崎宣武さんに聞いてみました。

「節分というのは、実は年に一度のものではありません。立春、立夏、立秋、立冬の前日を指すので、年に4回あるわけです。えてして、こういった季節の変わり目は、体調をくずすことが多いもの。その昔、病気は目に見えない邪気、悪霊によるものと考えられていましたから、節分の日にそれらを払うことが意識されるのは当然の成り行きといえます。ただ、毎回行事を行うのも大変なので、旧暦の正月に近胃のと、仏教の節分会も重なることから、春の節分が重視されてきたんです」

なるほど。で、その悪霊を払うために、柊にイワシをさして、豆まきをするわけですか?

「ただ、その二つは初めから一緒に行われていたわけではありません。柊にイワシの頭を刺したものを玄関先に置くという風習は、トゲのついた柊と、イワシの生臭さによって悪いものを遠ざけようとする古くからのおまじない。対して豆まきは江戸時代になってから庶民に広まったもの。これは、追儺(ついな)という平安時代からある宮中行事が元になっていて、そもそもは身分の低い者に面をつけさせて鬼に見立て、身分の高い者が豆をぶつけて追い回すというものでした」

現在、そんなことをやったらパワハラで大問題になりそうですが…。しかし、なんで豆なんでしょう?

「武器としての役割を考えれば石つぶてが適当なのでしょうけれど、実際に人にぶつけるわけですからそれはちょっと問題がある。そこで、投げやすくて、さらに“霊力”があると考えられていた大豆が選ばれたというわけです。そもそもは『豆まき』ではなく、打ちすえるという意味から『豆打ち』と呼ばれていました。ちなみに、本来の目的は悪霊を追い払うことですから、『福はうち』というのは後から付け足されたものとみるべきでしょう」

ちなみに、鬼といえば角があって虎のパンツをはいている姿が一般のイメージでしょう。これには鬼が出入りするとされた鬼門の方角が丑寅(うしとら)の方角(北東)であることが関係しているとされています。丑=牛の角と、寅=虎の毛皮でそれを表したというのがその由来。

ただし、こういった意味も神崎さんによると後付けなのだとか。

「そもそも『鬼』とは見えない恐怖でしたから、形がないのが本来の姿。ただ、それでは払ったイメージがつきにくいので何がしかの形を与える必要が出てきたわけです。いわばキャラクター化の必要性が先にあり、そこに意味を付け加えていったんですね。こうした鬼の姿を含め、現在行われている豆まきのスタイルは、明治以降の学校教育を通して、ようやく全国で統一化されていったという背景があります」

庶民が豆をまき始めたのも、そこまで昔の話ではないんですね。ちょっと意外な事実でした。
(のび@びた)

※この記事は2014年1月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト