ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ジブリ飯」再現動画が絶賛の嵐

2015.01.09 FRI

噂のネット事件簿


手際の良さに惚れ惚れするが、料理は「自分の食事作るくらい」なのだそう ※この画像はサイトのスクリーンショットです
スタジオ・ジブリの作品には、どれも美味しそうな料理が出てくることで知られる。『天空の城のラピュタ』に出てくるトーストに目玉焼きがのった通称“ラピュタパン”、『魔女の宅急便』に登場するホットケーキ、『千と千尋の神隠し』の巨大あんまんなど、アニメに登場する料理の数々は「ジブリ飯」と呼ばれ、再現を試みる人も多い。

そんななか、2013年よりコツコツと「ジブリ飯」を作っては動画サイトにアップしていた「ギン」さんが、2015年1月1日にこれまでの47作品の総集編を公開。ニコニコ動画では前後編の2部作となっており、公開1週間で、前編は約9万5000回、後編は約4万回再生(1月8日時点)といずれも人気の動画となっている。

パンやあんまん、パスタはホームベーカリーなどで生地を作るところから始まり、ベーコンやハムは自家製。直火釜でお米を炊き、「魔女の宅急便」に出てくるホットケーキは、型まで鉄板で自作するという徹底ぶりだ。さらには生ハムを作るために“冷燻”という技まで披露した。さまざまな調理器具を持ち、ジブリ飯のためとあらば、ハトやヒツジの胃袋まで調達してくる「ギン」さんには、「何者だ?」という声も少なくない。

料理レパートリーは、上記のほかにも『崖の上のポニョ』のハムのせチキンラーメン、『耳をすませば』の鍋焼きうどん、『もののけ姫』の熱々雑炊、『魔女の宅急便』のカボチャとニシンのパイ、『ルパン3世 カリオストロの城』のミートボールスパゲティとなんでもござれ。ケーキやクッキー、羊羹(ようかん)をカステラで挟んだシベリアなどのスイーツもお手の物だ。

動画には、

「うまそう」
「クッソ腹減る」
「すごすぎw」
「お前の再現率はおかしい」

など、絶賛のコメントが並んでいる。

なお、梅干しはプチトマト、ソーセージが明太子など、なぜか時々ごく一般的な食材を別のもので代用することもあるが、『千と千尋の神隠し』に登場する「お父さんが食べていた謎のタプタプ」や「イモリの黒焼き」のようにモデルとなった料理がわかりにくいものやゲテモノまで再現。「ギン」さんの飽くなき探究心は、「(ジブリ作品への)愛だね」などと好評を得ているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト