ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ハトの糞害CMがシュールすぎる

2015.04.27 MON

噂のネット事件簿


一度再生したら最後。脳内でエンドレスループしそう… ※この画像はサイトのスクリーンショットです。
名古屋にあるシロアリなどの害虫駆除会社・雨宮がハトのフン害にフォーカスしたCMをYouTubeに公開したところ、そのシュールすぎる仕上がりがネット上で話題になっている。

映像は古めかしく“ゆるい”アニメーションで始まる。途中から、頭にハトがとまりハトのフンまみれとなっているスーツ姿のビジネスマンが登場。格闘技ゲームのような画面で、ハトで攻撃したり、頭にハトをのせながらクルクル回ったりするという支離滅裂なもので、「鳩に困ったら雨宮~」という耳にこびりつくフレーズとあいまって悪夢のような世界が作り出されている。

動画が公開されると、YouTubeのコメント欄には、

「ハトよりこの動画に困るわw」
「これ作った人病んでるだろw」
「このCMに困ったんですがどうすれば良いでしょうか(洗脳的な意味で)」

などといった困惑の声が。またユニークなアート作品で知られる明和電機の土佐信道社長は、このCMについて、ツイッターで、

「天才。あの世につれていかれる」

と絶賛(?)している。

雨宮のWEBサイトをのぞくと、何らおかしなところのない整然としたページが見られるが、ハト害の特設ページは一味違う。縦書きで長々とハトのフン害についてのコピーが綴られ、延々とスクロールしないと全文が読めない仕様になっているのだ。前述のCMには敵わないものの、やはり独特の「鳩に困ったら雨宮」ワールドが広がっている。

ちなみにページをスクロールし終えると、末尾にはCMで活躍するハトフンまみれのサラリーマンが登場。CMでは写真のように見えていたサラリーマンだが、よく見ると粘土か何かで作られた立体作品であることがわかり、これもシュールさに追い打ちをかけている。

なおCM制作にあたったのは、濃厚でナンセンスな作品を発表しているクリエイティブチーム「AC部」。こうしたCM画像のほか、GIF作品やフリー素材も作成している。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト