ネット界の“旬”なニュースをお届け!

GWの新定番イベント?肉とうどん

2015.05.07 THU

噂のネット事件簿


大きな盛り上がりを見せた「肉フェス」。駒沢オリンピック公園のほかに、幕張(5月10日まで)でも開催された。また横須賀でも「肉まぐろフェス 2015春」として開催 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本各地のレジャースポットが盛り上がるゴールデンウイークだが、今年は都内で開催された「フードフェス」、つまり食に関するイベントが盛況となっていた。

そのなかでも、特に話題となったのが、「肉フェス TOKYO 2015春」だ。東京世田谷区の駒沢オリンピック公園・中央広場を会場に、前期(4月24~29日)と後期(5月1~6日)に分けて開催。肉料理を提供する約30店舗が出店したほか、イベントステージでは多数のアイドルグループが登場し、アイドルフェスさながらの盛り上がりとなっていた。

そんな肉フェスが開催された駒沢オリンピック公園は、東急田園都市線の駒沢大学駅が最寄りとなるのだが、ツイッターでは、

「駒沢なう!! 肉フェスとサッカーでカオスな人混みです!!」
「えっ?何なの?駒沢大学駅のこの人混み( ̄▽ ̄)肉フェスてやつ?まだやってる?私最寄り駅で買い物したいだけ(; ̄ェ ̄)」
「肉フェスの影響で駒沢の駅が人だかり。。 ちょっと辛いなぁ」

などと、混雑に戸惑う声が多く報告された。

一方、新宿中央公園ではブランド和牛の生産団体が出店する「大牛肉博」が開催(4月25日~5月10日)。こちらは和牛にスポットを当てたイベントだが、肉フェスに比べると比較的空いていたようで、ツイッターでは、

「売り場は一切並ばずに買えます。売り切れも出てるけど…超肉食べてる。いや、肉しか食べてないwwwww」
「大牛肉博。肉への愛が感じられるイベントですね。行列もそれほどでもないし、お腹も満足するので食べ盛りを連れていっても文句が出ないのが良い」

などのコメントが投稿されており、満足度の高いイベントだったようだ。

また、東京・有明イーストプロムナード石と光の広場では、うどんの日本一を決める「うどん日本一決定戦 U-1グランプリ2015 東京の陣」も開催された(5月2日~6日)。日本全国のうどん店がご当地うどんを出品し、「売上部門」「一般投票部門」「審査員部門」の各部門賞を決定したうえで、総合優勝を決めるという“うどんの祭典だ”だ。ツイッターでは、

「つけ汁うどん、焼きうどん、カレーうどん…と、豪華なうどんを腹いっぱいいただきました」
「U-1グランプリでうどん食いまくり。 かすうどん、ぼっかけうどん、伊勢うどん、稲庭うどん、博多明太マヨうどん…かなり食った」

などと、うどんを堪能しまくったという報告が続々。また、

「肉フェスの次はU-1グランプリです」
「駒沢オリンピック公園の肉フェスからの有明のU-1 GRAND PRIX」

と、肉フェスとの“はしご”をしたというネットユーザーもいたようだ。ちなみにU-1グランプリ2015 東京の陣を制したのは、香川県の「うどんや大空」の車えび天ぷらうどんだった。

肉フェス、大牛肉博、U-1グランプリのほかにも、「カレーパークin日比谷2015」(日比谷公園)や「あいぱく アイスクリーム博覧会 2015」(ラフォーレ原宿)など、たくさんのフードフェスが開催された今年のゴールデンウイーク。連休の定番イベントとして、今後も盛り上がりを見せそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト