ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ソリティア 6月に世界大会開催

2015.05.22 FRI

噂のネット事件簿


始めてしまうとどうにも止まらないのが恐ろしい「ソリティア」
Windowsユーザーにはおなじみのカードゲーム「ソリティア」の世界大会が開催されることが発表され、ネットユーザーの間で話題となっている。

ソリティアは、マイクロソフトのOS「Windows」に標準搭載されているゲームのひとつ。階段型に並んだトランプを数字順に並べていくこの「ソリティア」のほか、地雷を避けてマス目を開けていく「マインスイーパ」といったゲームは単純ながらも中毒性が高く、仕事や勉強の合間にうっかり大量の時間を費やしてしまった人も少なくないはずだ。

米マイクロソフト社は現地時間の5月18日、公式ブログで「Celebrating Microsoft Solitaire(マイクロソフトのソリティアを祝う)」という記事を発表した。同社はソリティア登場25年を記念し、まず18日に社内で大会を行って優勝者を決定。そして6月上旬からは世界中のユーザーを対象とした大会を行うという。

このニュースは、多くのネットユーザーを和ませた模様。ツイッターには早速、

「ソリティア世界大会とか面白いな」
「フリーセルで挑戦してみたいけれど みんな早いんだろうなー」
「居たなぁ、残業時間帯にソリティアばっかりやって居残ってる上司」
「全国の窓際族よ集え」

といった声が寄せられている。ちなみに大会は、ソリティアシリーズの中から「クロンダイク」、「フリーセル」、「スパイダー」、「トライピークス」、「ピラミッド」が対象ゲームになるとのこと。腕に覚えがある人は、世界大会に挑戦してみる?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト