ネット界の“旬”なニュースをお届け!

第二のマイクラ?レゴの箱庭ゲーム

2015.06.05 FRI

噂のネット事件簿


ゲーム配信サービス「Steam」で早期アクセス版として配信中の『LEGO Worlds』。英語版のみのリリースとなっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
LEGOブロックで構成された世界を自由に冒険できるゲーム『LEGO Worlds』の“早期アクセス版”が、6月1日からPC向けゲーム配信サービス「STEAM」で配信され、注目を集めている。

すべてがLEGOブロックでできた広大なフィールドを馬やヘリコプターに乗って自由に冒険することができる『LEGO Worlds』。いわゆる「サンドボックス型ゲーム」(箱庭型ゲームとも呼ばれる。定められた攻略手順を要求されないゲームのこと)で、プレイヤーはフィールドを旅するだけでなく、オリジナルの建造物を作って、世界を構築していくことも可能だ。

サンドボックス型ゲームといえば、集めたブロックで建物を建てたり、様々なアイテムを作ったりして冒険する『マインクラフト』が幅広い層に人気となっているが、『LEGO Worlds』はいわば“LEGO版マインクラフト”といったイメージ。そもそもLEGOブロックはいろいろなものを自由に作って遊ぶ玩具であり、それをゲーム内の広大なフィールドで楽しめるということで、ツイッターでは、

「一度始めたら止め時わかんないやつだこれ」
「ここからマイクラの牙城崩せるかというと厳しい気はするけど、マイクラより直感的に理解できそうなのはさすがLEGO」
「マインクラフトには興味なかったけど、LEGO!なら、って気はする」

などと、かなり期待されているようだ。

『マインクラフト』は、動画投稿サイトでのゲーム実況も人気だが、『LEGO Worlds』の実況動画もすでに公開され始めている模様。どうやらこちらも人気となりそうだ。

また、『LEGO Worlds』が配信されている「STEAM」には、配信開始から約3日後となる6月4日午後1時の段階で1498件のレビューが寄せられており、そのうち「好評」が1360件と、やはり評価は高い。

現在はあくまでも“早期アクセス版”であり、今後まだまだ改良されていく『LEGO Worlds』。近い将来、正規版がリリースされたら、大ヒット間違いなしか!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト