ネット界の“旬”なニュースをお届け!

テラハ新作は有料配信に向いてる?

2015.06.23 TUE

噂のネット事件簿


Netflix先行配信される「テラスハウス」の新作。住人は全世界から募集中 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
フジテレビの恋愛リアリティ番組『テラスハウス』の新シーズン『TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING』(仮題)が、今秋から日本でサービスが開始されるネット動画配信サイト「Netflix」で先行配信されることが発表された。

「Netflix」は1997年にオンラインDVDレンタルサービスとしてアメリカでスタート。現在は、主に動画のストリーミング配信サービスを行っており、毎月定額(アメリカでは7.99ドルから)を支払うと、映画やドラマが見放題になるしくみ。会員数は世界50カ国で6200万人に及んでいる。

日本上陸にあたって、フジテレビと手を組んだNetflix。『テラスハウス』の新作と、高級下着メーカーに務める女性を描いた連続ドラマ『アンダーウェア』の2本のオリジナルコンテンツを、日本でのサービス開始と同時に配信するという。

ツイッターでは、

「Netflixが上陸するのは嬉しいんだけど手土産がテラスハウスっていうコレジャナイ感」
「残念ながらテラハはアーリーアダプター(※)向けではない」
「テラスハウス見る層がお金払うのでしょうか」
※アーリーアダプター:流行に敏感で、新しい商品やサービスなどを早い段階で受け入れる層のこと。あとに続く消費者に影響を与えるとされる

などと、有料動画配信サービスの“目玉コンテンツ”として『テラスハウス』はあまり適していないのではないかとの意見が寄せられている。

しかし一方では、

「『テラスハウス』は面白い企画にも関わらず、若者ターゲットに絞ったら視聴率取れずに死んだ番組なので、Netflixでやるのは非常に理にかなっている」(原文ママ)
「テラスハウス的キラキラ層はターゲットとして正しい気がする」

など、ユーザー獲得の足がかりになりそうだとの意見も。実際に、

「Netflix秀逸すぎる!!テラハが帰ってくるなんて」
「テラスハウスはキラーコンテンツになるの?
と言いながら多分見てしまう私は完全にターゲットに…」

と、新作を楽しみにしているネットユーザーも少なくない。

今回の『テラスハウス』の新作では、世界中から新たな住人を募集。Netflixを介して世界中に配信されるということで、国際色豊かな作品となりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト