ネット界の“旬”なニュースをお届け!

エスカレーター「片側空け」NG賛否

2015.07.22 WED

噂のネット事件簿


今後浸透するか?「エスカレーターでは歩かない!」
右側か左側かはともかく、日本の都市部では慣例となっているエスカレーターの「片側空け」。これについて異を唱える形で、全国のJRや私鉄、地下鉄、空港などがエスカレーターの安全利用を呼びかけるキャンペーンを実施している。

日本エレベーター協会によると、そもそもエスカレーターの安全基準は、ステップ上に立ち止まって利用することが前提。キャンペーンは「みんなで手すりにつかまろう」と銘打ち、“(両側に)立ち止まって”乗ることを推奨するものだ。

同協会は、キャンペーンを行う背景として、「ご自身でバランスを崩して転倒されたり、駆け上がったり駆け下りたりした際に他のお客さまと衝突し転倒させるなどの事象が発生してい」るほか、「エスカレーターで歩行用に片側をあける習慣は、片側をあけて乗ることのできないお客様にとって危険な事故につながる場合もあ」ると説明する。

ツイッター上では、

「あ、いいことですね。片側を開けるためにエスカレーター前で行列作るとか本末転倒」
「子供連れだったり障害があったりで幅をとる方が、これで遠慮せず手すりにつかまれるようになると良いのですが…」
「これは大歓迎だよ。スーツケースなどを横に置いたり、親しい人間と並んで乗ることすら出来ずに、本当に窮屈と不便を強いられていたからね」

と賛成する声がある一方で、

「どんどん利便性の悪い世の中になっていく……結局階段全力疾走が増えて事故減らないだけとしか思えない」
「エスカレーターは、緊急時の為に、片側を空けとくもんだよ。
施設で急病人の搬送や、隊員の移動に不便だろ?」

と、逆に安全性が低下する、あるいはエスカレーターの「片側空け」は便利な場合もあるという声も。また、

「都内の駅やビルは階段がわかりにくい場合にあって困るコトが多いです。急ぐ人もいるのだから禁止するならその前にエスカレーターを片隅に移転して中心を階段に変えて欲しいです。片側をあけると言う暗黙のルールが出来たのは日本人らしい察しと思いやりからだと思います」
「東京駅京葉線ホームのようにエスカレーターしかなく、階段も設置してない箇所でこんなキャンペーンやられてもねえ」

と、「階段の場所がわかりにくい」あるいは「階段がない場所がある」という指摘や、

「今更だなぁ。片側空けはもはやマナーと化しているから変えるのは難しかろう」

など、すでに浸透したスタイルを変更するのは難しい、という見方をする人も多い。キャンペーンが始まった7月21日日時点でも、ツイッター上には、

「エスカレーターで右側を封鎖する奴なんなの、まじで」
「エスカレーター止まってる人おって電車逃した 30分待ち(中略)
そこは急いどる人用じゃって前みれば分かるじゃんかーーーー」

などと立ち止まっている人に対して文句をいうつぶやきがみられ、また実際にエスカレーターに乗っていた人に話を聞いたところ、

「誰も右側に立っていないところに、自分だけ立つのは迷惑かなと」(30代・男性)
「友だちと並んで乗っていたら、後ろで足踏みされて、怖くなって…。圧迫感に負けて、結局(自分も)歩いて上りました」(20代・女性)

と“両側をふさぐ”ことに気後れする声が聞かれた。いちど広まった“マナー”を変更するには、相当時間がかかりそうだ。
(大場嘉世)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト