ネット界の“旬”なニュースをお届け!

イケメンで女子の働く意欲UP?

2015.08.15 SAT

噂のネット事件簿


ちなみに社内にイケメンがいると「リピート顧客が増える」と考える人は29.2%
ブランディングやコンサルタント事業等を手がけるESSPRIDEが8月11日、「ビジネスにおけるイケメンの効果とは?」と題した調査結果を発表。およそ半数の女性社員が、社内にイケメンがいると仕事へのモチベーションが上がることや、8割以上の女性社員が「社内にイケメンは必要」と考えていることが明らかになり、話題を呼んでいる。

調査は7月24~29日、勤務先に“自慢のイケメン”がいる全国の20~40代の女性会社員計600人(各年代200人ずつ)を対象に、インターネットで行われた。

同社は「イケメン」の定義として、最近では、外見だけでなく、“イケメンなふるまい”など内面や行動が男性らしく紳士的といった意味合いでも使われるようになってきたと分析。そのうえで、ビジネスの場で「イケメン」とされるのはどのような男性なのか、さらに「イケメン社員」は企業内や企業間の取引においてどのような効果をもたらすのかを調査した(複数回答)。

その結果、イケメンだと思う点No.1は「顔がかっこいい」79.8%で、全世代共通でトップだった。外見以外では20代で「仕事ができる」(38.0%)、30代は「清潔感がある」(45.0%)、40代は「礼儀正しい」(35.5%)などが上位にランクインしたという。

続いて、イケメンが社内に影響を与えるポイントでは、「仕事へのモチベーションが上がる」がダントツの1位で49.8%。2位は「社内のコミュニケーションが活発になる」(21.2%)、3位は「他の社員も外見に気をつかうようになる」(20.3%)がランクインしている。

また、会社にイケメンは必要かどうかを訊ねたところ、83.7%が「必要」と回答したとのこと。ちなみにイケメンが多い部署ランキングTOP3は順に「営業」「専門・技術」「販売・サービス・接客」、最下位は「法務」だった。

これらの結果が報じられると、ツイッター上には、“男性に対するセクハラでは?”という意見が散見されたが、

「秘書や受付嬢は実際美人じゃないと採用されないし、営業マンも見た目が良い(小奇麗)なほうが、営業先受けいい。別に男とか女とかで対立しなくていいじゃんw」
「男も美人がいた方が嬉しいし、男も女も感じることは一緒でしょ。『綺麗な方が好ましい』これ基本的には生物としての心理でしょ」
「まず中身ありきで、それでいて容姿も良ければなお良し。それだけの話だな」

など、“そりゃ容姿が良いに越したことはない”という意見も多数。なかには「俺氏みたいなキモメンがいることでの作業効率の低下についても調査しないと…」という自虐的な投稿も…。

年齢を重ねれば、内面が外見ににじみ出てくるもの。美人は(食べ物や運動など努力によって)作れるというが、イケメンも作れる…と、信じたい。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト