ネット界の“旬”なニュースをお届け!

夏の「冷房つけっぱなし」報告続々

2015.09.11 FRI

噂のネット事件簿


記録的な猛暑だった2015年の夏。エアコンフル稼働という人も多かっただろう
エアコンは、こまめに調節するよりも「つけっぱなし」のほうが、電気料金は安上がりという説がある。

空調総合メーカー・ダイキン工業がホームページで紹介している「家庭用エアコン節電情報 夏の冷房篇」によると、エアコンは急に部屋を冷やすときに多くの電気を使う。そのため頻繁にスイッチを入切したり、風量設定を変更したりすると、そのたびにエアコンが頑張ることになり、電気をたくさん使ってしまう。反対に連続運転で設定温度を維持しているときは効率がいいため、少ない電気ですむ、と紹介している。

今年は相当な猛暑だったため、ネットやテレビでこのことが“生活術”としてしばしば紹介された。その影響か、“つけっぱなし節電”を実践し、いつも以上に電気料金を意識した人は多かった模様。Twitterには8月末~9月上旬に電気料金の請求書が届いた人から報告があがっている。

「ネットの噂を信じて8月から1ヶ月間、1階も2階もエアコンフル稼働させっぱなしでいた結果の電気代がこれ!!こまめに消してた去年は2万超えてたのに…」

というTwitterユーザーは「9690円」という請求書の写真を公開。9月7日夜に投稿され、9日までに2万以上リツイートされるなど、反響を呼んだ。その他、

「電気代の請求書が来てたから確認したら、7月分は9000円台、8月分は14000円台だった。
2倍いくかと思ったんだけどね。
エアコン1台、扇風機2台をフル活用したんだけど、こんなもんだった」
「今年の夏は暑さに耐えかねてエアコン24時間つけっぱなしにしてた時期あって、請求書来るまで怯えてたけど、7月分も8月分も3000円という衝撃の安さだった(゜o゜)
エアコンつけてない時期と大差ないって…何故(゜o゜)
父に言ったら盗電あかんて言われた…ち、ちがうもん\(^o^)/」
「これ母さんと心中覚悟みたいな顔して夏試したんですけど、
8月の請求書に+千円くらいだったの。
去年の8月はね、私ら水バケツに…冷えピタに…ハッカ油に…家族でエアコン着けるの我慢してたの馬鹿らしいわボケ!って結果でした」(原文ママ)
「今年は夏前にエアコンが壊れてしまい、7月19日に急遽新しいエアコンを購入しました。
今日、8月分の請求書が来たのですが8月5日から9月3日まで24時間ずっとつけっぱなしで電気代がなんと\10,366。
いゃー助かります」

等々、「確かに料金は安上がりだった」という報告が続々と投稿された。

ちなみに、電気を使う量は室内の気温とエアコンの設定温度との差によっても変わってくるため、どんな時も「エアコンはつけっぱなしがいい」とは限らない。が、今年のような猛暑の年は、多くの人にとって有効な手段となったようだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト