ネット界の“旬”なニュースをお届け!

大リーガーがツイで日本に求職活動

2015.09.12 SAT

噂のネット事件簿


ペーニャが所属するレッズは、いまだ日本人が所属したことがない唯一のチーム ※この画像はサイトのスクリーンショットです
近年ではSNSを通じて大きなビジネスがまとまる機会も少なくないようだが、シンシナティ・レッズに在籍する現役メジャーリーガーのブライアン・ペーニャが9月8日、自らを売り込むツイートを日本の球団に向けて発信。野球ファンの間で話題となっている。

キューバ出身のキャッチャーであるペーニャは2005年にメジャーリーグに昇格し、ブレーブス~ロイヤルズ~タイガースと渡り歩いて、昨シーズンからはレッズに在籍。昨年は115試合に出場して打率.253という成績を残しており、11年間にわたってメジャーリーガーとして活躍してきた。2009年には、ロイヤルズで薮田安彦(千葉ロッテ~ロイヤルズ~千葉ロッテ)とチームメイトだったこともある。

今シーズンもここまで95試合に出場し、打率も.282(9月9日終了時点)と、昨年以上の成績を残しているペーニャ。8日に自身のツイッターアカウントで、

「私の最大の願いは、私はそれを行うことができます一日神に祈る、日本で野球をすることです」

というツイートを、西武、千葉ロッテ、ソフトバンク、楽天、オリックスの公式アカウントに向けて発信した。微妙におかしな日本語の文面からして、翻訳ソフトを使ったものと想像されるが、彼はその後も、

「私はいくつかの日が野球を日本を訪問し、遊ぶのが好き」
「それは人類の未来は祈り単独良い願いを介して達成することができると考えるのは非現実的です。必要なのは行動を取ることです」
「私は日本でプレーするのが大好きになりますすべての私の日本の信者に、私はその国とすべての彼の偉大な人々を尊重するが、私はそこにプレーする私の夢に到達するためにそこに接続されていません」

といった日本語ツイートを連発。日本球界入りをアピールしている。

今季、キャッチャーとしてはチーム1の出場試合数を誇っているペーニャが、なぜ日本球界入りを切望しているのかは不明だが、選手本人からの売り込みということで、さっそくネット上で話題となっている。ツイッターの野球ファンからは、

「日本に来たらどこの球団に入ろうと応援します(^_^)b 楽しみに待ってますね!」
「メジャーの方が日本のことを考えてくれている。この事実だけでもとても嬉しいし光栄です」
「捕手一塁DH メジャーで.270 これはとるしかないっしょ!」
「確かに行動力と熱意を感じる」

といった声が上がっているほか、

「中日に来て!!」
「頼むから阪神獲得考えちくり~」
「横浜に来てくれ!捕手足りん!」
「バリバリメジャーのキャッチャーで一塁も守れてキューバ人って、ロッテにピンズドじゃねーか!マリーンズに来てください!」

など、各チームのファンからも、「ぜひ!」という声が登場している。

日本球界で外国人キャッチャーの成功例は少ないが、キャッチャーが手薄なチームは多いだけに、ペーニャの獲得を検討するチームが現れる可能性は十分にありそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト