ネット界の“旬”なニュースをお届け!

定額動画「アダルトあり」に歓喜

2015.09.18 FRI

噂のネット事件簿


エロパワーは業界を制圧するのか? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
レンタルビデオチェーンのゲオ(GEO)が、来年2月から映像配信サービス「ゲオチャンネル」を始めることを9月15日に発表。動画見放題サービスに成人向け動画が含まれていることで、男性陣から歓喜の声があがっている。

ゲオチャンネルは、全国におよそ1200店舗を持つゲオと映像配信コンテンツの企画・制作に実績があるエイベックス・デジタルが提携し、VOD方式(ビデオ・オン・デマンド=視聴者が観たい時に映像コンテンツを視聴できる)でコンテンツを配信するもの。ベーシックプランは月額590円で見放題となるという。

国内外の映画やドラマ、キッズ、アニメ、人気アーティストのミュージックビデオやライブ映像、教養・バラエティなど、8万以上のタイトルが用意されるというゲオチャンネル。しかし、目ざとい男性陣が目をつけたのは「成人向け」の4文字だ。新サービス開始のニュースが報じられるや、ツイッターには、

「アダルト込、だと…?」
「アダルト込みで590円かこれはまじで考えるなー」
「マジかよ契約するわ!!!」
「世のお父さん達よかったね(^^)申し込んでも恥ずかしくないね!」

と、話題はこの一1点にほぼ集中し、

「とりあえず普及を後押しするのはアダルトなんだよね」
「ゲオは歴史をよく学んでる。エロが普及に欠かせないファクターだよ」
「あ、これは勝ったわ。間違いなく業界の台風ですわ、エロを制するものが世界を制する(真顔)」

など、ビジネス的な側面からこれを評価する意見も続出。サービス開始当初は、AVは「プレステージ(アダルトビデオメーカー)のみ」「毎週10本入れ替えて常時50本」という条件なのだが、見放題の中にAVが含まれているという情報は、男性を惹きつけるには十分だったようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト