ネット界の“旬”なニュースをお届け!

酒飲みロボに「ボッコちゃん」の声

2016.01.18 MON

噂のネット事件簿


これで「ぼっち飲み」も寂しくない? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
あるネットユーザーがYouTubeに公開した「酒飲みロボット」の動画がじわじわと話題になっている。

このロボットは、グラスに注がれたお酒を笑顔で気持よく飲み干してくれ、飲んだ直後は頬が赤くなるという設計。飲んだお酒は胴体に設置されたガラス瓶の中に入ることから、そのお酒をまた飲む(飲ませる)ことも可能だ。

動画の説明文によると、製作者は、2012年のクリスマス、一緒に過ごす女性がいなかったため一人でお酒を飲んでいたものの、一人酒はおそろしくつまらなく、飲めなくなったという。そこで、試しに自分の目の前に誰かがいると想像して乾杯をしてみたところ、お酒の味がまったく違うものに感じたのだとか。お酒の味は“相手がいるかどうか”による、ということを知った製作者は、このロボットの開発に至ったというワケだ。

動画は1月3日に公開され、15日10時までに再生約13万回。コメント欄には、英語で

「これ、どこで買えるの?」
「買いたい!!!!」(※以上編集部訳)

などと前のめりに食いつく声が寄せられ、日本でも話題に。Twitterには

「寂しくならないか?」
「 (・∀・)イイ!! カワイイし、しかもお酒の再利用も可能(笑)」

と様々な声が寄せられるなか、

「ボッコちゃんだこれ!!!!!!!!」
「ボッコちゃんかな?」
「酒飲んでくれるロボットができたそうな。飲んだ酒は再利用もできるそうで、星新一の世界やねぇと思ったのである」

など、星新一のショートショート『ボッコちゃん』を思い浮かべる声も多数。『ボッコちゃん』は、あるバーのマスターが美しいロボットを造り、客の相手をさせる。美人な「ボッコちゃん」を気に入った客がどんどんお酒を飲ませ、店主は時々「ボッコちゃん」の体内から酒を回収して客に飲ませていた…というストーリーだ。

小説ではその後、「ボッコちゃん」に真剣に恋した男性が現れ、トラブルに発展してしまう…という展開になるが、今回話題になっているロボットは、美人ではなくコミカルな風貌。安心してお酒を楽しめる?
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト