ネット界の“旬”なニュースをお届け!

美少女ホログラムと生活、に期待大

2016.01.24 SUN

噂のネット事件簿


帰宅したユーザーを「おかえりなさい」と優しい言葉で迎えてくれるホログラムのキャラクター ※この画像はサイトのスクリーンショットです
好きなキャラクターのホログラムとコミュニケーションをとることができる“ホログラムコミュニケーションロボット”「Gatebox」が話題となっている。

日本のウィンクルという企業が開発した「Gatebox」は、筒状の装置の中にキャラクターの立体像を投影し、会話などを楽しむというもの。公式サイトで公開されているコンセプトムービーでは、ユーザーが帰宅するとホログラムのキャラクターが「おかえり」と出迎えたり、「テレビ観たいな」と話すとテレビをつけてくれたり、朝「おはよう、朝だよ」と起こしてくれたりと、ちょっとしたお手伝いさんのような働きをしている様子も見られる。

音声認識でユーザーのサポートをしてくれるiPhoneの「Siri」が、ホログラムキャラクターになったという印象の「Gatebox」。ツイッターでは、

「Gateboxには期待、これで性格とかが個別に出たらソロライフが捗りそう」
「MMD(註釈:「MikuMikuDance」のこと。3DCGムービー製作ツール)データと互換性があると嬉しいよね」
「gateboxに未来を感じる ほしいけど発売されても超高そう」
「最高だ~…これマジでMMD流し込んだり配信でボイス購入できたりしたら最高だよね~…カスタムしたいよね~…」

などと、かなり好評だ。やはり自分の好きなキャラクターと生活をしたい、あるいは自分で好きなキャラクターを作って一緒に暮らしたいと考えるネットユーザーが多いようだ。

現在開発中の「Gatebox」だが、まだ製品化には至っていない。同社ホームページによると、

「今後は製品化に向けたリアリティやコミュニケーション精度の向上に注力し、2016年秋にはクラウドファンディングでの購入予約開始を予定しています」

とのこと。お気に入りのキャラクターと暮らす未来の到来は、もう少し先になりそうだ。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト