ネット界の“旬”なニュースをお届け!

寒波「お湯が出ない」続出 対策は

2016.01.26 TUE

噂のネット事件簿


あまりの寒さに水道管も悲鳴を上げた!?
1月25日の朝は全国的に猛烈な寒波に襲われ、全国各地で観測史上最低の気温を記録。ツイッターユーザーからは、「お湯が出ない」という報告が相次いだ。

1月23日から厳しい寒さが続いたが、なかでも九州地方の冷え込みは厳しく、24日には鹿児島県の奄美大島で115年ぶりの降雪が観測されたほか、25日には、鹿児島県伊佐市でマイナス15.2度、熊本県球磨郡でマイナス13.8度、宮崎県えびの市でマイナス12.0度など、各地で最低気温の記録が更新された。

これにともない、全国各地の家庭で水道管が凍ってしまうトラブルが発生したようだ。25日の朝、ツイッターには、

「水道管凍ったwww 水でねえよ(笑)」
「水道管が凍ったようだ 水が出ない」
「余りの寒さに表の水道管が凍っちゃったみたい。。。。 さぶいっす。。。。」

といったツイートが寄せられ、

「凍結で水道管破裂とか人生初だわ…」
「水道管が破裂してまったああ 家の前が池になってる」
「水道管の修理業者に電話したら、水道管破裂の修理が30件入ってるそうで、今日は来れないそうです。(泣)」

など、水道管を破裂させてしてしまった人も続々と登場。また、給湯器が凍った人という人も多かったようで、

「顔洗おうと蛇口ひねったらお湯が出ない!ので水で我慢しましたよね…」
「お湯が出ないんだけど…」
「凍結してお湯が出ないとか初めて。笑」
「お湯が出ない… マジかぁ」

など、お湯が出ないという被害報告が相次ぎ、一時は「お湯が出ない」というキーワードがツイッターアプリ「ついっぷる」のHOTワードランキングの1位になる事態となった。

そんななかで注目を浴びたのが音楽プロデューサーの浅倉大介だ。「実家が水道工事店だった」という浅倉が25日朝、

「凍結でお湯が出ない場合の注意!■給湯器のスイッチをオフ(誤って燃焼しないように)■もしも離れる場合は蛇口やシャワーを開けっ放しにしてないか確認(凍結が治った時に水が出たままになる) ■水がでるようになっても給湯器周りや配管で水漏れがないかを確認!(凍結で破裂することもある)」

というツイートを投稿すると、2000人以上がこれをリツイート。さらに

「どーしても急いでる方、給湯器への給水管にゆっくりと『ぬるいお湯』をかけてみるとか対応ありますけど詳しくは検索を」

とツイートし、こちらも1000人以上にリツイートされた。

北国では、水道管が凍らないように「水抜き」「水落とし」を行うのは常識だが、そもそも「水抜き」という言葉を知らなかった人も多かったよう。水道管破裂の修理を業者に依頼するとかなり高額になってしまうので、ふたたび寒波が訪れた日のために、水抜きの方法は確認しておいたほうがよさそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト