ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ミラン本田が好調!香川と反比例?

2016.02.17 WED

噂のネット事件簿


本田と香川のコンディションは反比例するといわれているが、3月のロシアW杯アジア予選は大丈夫だろうか?
イタリア・セリエAのACミランに所属する本田圭佑が2月14日(現地時間)、ジェノア戦に先発出場し、リーグ戦では1年4カ月ぶりとなるゴールを決めた。その見事なミドルシュートにネット上のサッカーファンからも賛辞が贈られている。

2対1でACミランが勝利したこの試合。本田は1ゴール1アシストと全ゴール絡む大活躍を見せた。特に後半19分のペナルティーエリア外から決めた強烈なミドルシュートは多くのサッカーファンを驚かせたようで、ツイッターでは、

「本田のゴール結構やばいな」
「本田のゴールすごすぎ笑った これはミランの10番ですね」
「本田のゴールとんでもないゴラッソ(編集註:スペイン語でスーパーゴールの意)やんけ!」

などと、大絶賛となっている。

今シーズンは、決して順調なスタートを切れたとはいいがたい本田。リーグ前半戦はスタメンから外れることも多く、昨年10月にはクラブ批判ともとれる発言があったとして、チームとの関係が悪化したとも報じられていた。しかし、12月末にスタメンに復帰すると、そこからは好調を持続。チームの主軸として活躍しているのだ。

一方、本田とは対照的に、調子を落としているのがドイツ1部・ブンデスリーガのドルトムントに所属する香川真司だ。今シーズンの前半戦は、ブンデスリーガ前半戦のベストイレブンに選出されるなど好調だったが、後半戦では初のベンチ外となるなど出場機会を逃している。2月14日のハノーファー戦では4試合ぶりにフル出場を果たすが、大活躍とはいいがたい低調なプレーとなった。

そんな本田と香川に、ツイッターでは、

「香川と本田は何故一緒に活躍しないのか」
「本田と香川が両方とも調子いい時ってなかなか無いよな...」
「香川と本田のどちらかがポンコツになるともう片方が生き生きしだすのどうにかしてくれ」
「なぜ本田香川は交互に浮き沈みするのか」

などの声が。本田の調子が悪かった前半戦には香川の調子が良くて、本田の調子が上がってきた後半戦になると香川の調子が落ちてくる──というまるで反比例するかのような2人のコンディションを不思議に思うネットユーザーが多いのだ。

そんな本田と香川が日本代表としてともに戦うこととなると思われるのが、2018年ワールドカップロシア大会のアジア予選。3月にはアフガニスタン戦(24日)とシリア戦(29日)を控えている。せめてこの試合の時は反比例することなく、ともに好調であってほしいものだ。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト