ネット界の“旬”なニュースをお届け!

オシャレ新「王将」 入りづらい?

2016.02.22 MON

噂のネット事件簿


エネルギッシュなロゴが目をひく「王将」の公式サイト ※この画像はサイトのスクリーンショットです
中華料理チェーンの「餃子の王将」が女性をメインターゲットとした新コンセプト店「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」を3月3日に京都市中京区にオープンすると発表した。従来の餃子の王将とまったく異なるその雰囲気に、驚くネットユーザーも少なくない。

世界進出を視野に「ジャパニーズカジュアル」をコンセプトとしたというこの新店舗。店内は女性デザイナーが設計し、女性料理研究家が開発した新メニューを導入するという。餃子の王将を運営する「王将フードサービス」のリリースには店舗のイメージ画像が公開されているが、店舗の外のウッドデッキにはスタンディングテーブルが設置され、店舗内もまるでカフェのような内装。とにかくオシャレになっている。

ツイッターでは、

「人気出そうだ。男だけど行ってみたい」
「何この王将ww すげー行ってみたいけど京都は遠い」
「京都にオシャレ王将ができるらしい。スイーツもあるとか。ふむ、行ってみたい」

と、多くのネットユーザーが、興味を示している一方で、

「王将はギットギトの店であってくれ…!オシャレなんて求めてないぞ…」
「オシャレな王将ってそれもう王将じゃないから…」
「床ベトベトじゃない王将なんてっ!!」
「オシャレすぎて逆に男子が入りづらいですね笑」
「オシャレな店の方が入りづらい」

などと、オシャレすぎて王将らしくないとの意見も多かった。男性客にとってはオシャレな店舗よりも従来のような庶民的な店舗のほうが、入りやすいようだ。

さらに従来の餃子の王将とあまりにもイメージが違うためか、

「王将の看板使う意味あるん???」
「じゃあ、王将って名前を王妃を意味するような名前にして欲しい」
「名前は 餃子の女王 とかにしないとダメだろう。。」

と、「王将」という名前を変えたほうがいいとの意見もあった。

庶民的なイメージも含めて「餃子の王将」だと考えるネットユーザーが多いなか、女性向け店舗の躍進なるか?
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト