ネット界の“旬”なニュースをお届け!

20問で判定!ストレス診断が人気

2016.03.18 FRI

噂のネット事件簿


ヤマハだけにストレス度の表示もスピードメーター風 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
どんなに充実した人生を送っていても、人間は大なり小なりストレスを抱えてしまうもの。ストレス状態を調べることができるサイトが登場し、多くのネットユーザーが自分の状態を見て一喜一憂している。

話題となっているのは、ヤマハが公開している「ストレス診断」というサイトだ。これは、「ディグラム診断」によって回答者のストレス度を測るというもの。ディグラム診断とは、心理学と統計学を組み合わせたマーケティングのプロである木原誠太郎氏が開発したプログラムのことで、心療内科医や臨床心理士の間で有名な心理テスト「エゴグラム」をベースに、37万人超のアンケートや1000を超える対面心理テスト診断に改良を重ねて作成されたという。

「ストレス診断」では、

・他人が心配している事や困っていることなどがあると助けたくなる
・自分はわりといい加減な人間だと思う
・相手の期待に応えようとして、ガマンすることがよくある

といった質問に「はい」「いいえ」「どちらでもない」で回答し、合計20問に答えると、診断結果が表示される。

ヤマハは「Revs your Heart(貴方のハートをワクワクさせる)」というブランドスローガンを掲げており、「ストレス診断」はその一環として公開された。サイトでは、ストレスのレベルに合わせた「Revストレッチ」を紹介。そのストレッチは、ヤマハがオフィシャルスポンサーを務めるジュビロ磐田のフィジカルコーチが考案したものだという。

サイトは昨年12月に公開されたが、3月15日になってツイッターで話題となり、同日には2万5000人以上のツイッターユーザーが診断に挑戦した。その結果を見ると、

「周囲の横暴にもいつもニコニコ!ストレス知らずの聖人タイプ」
「ストレス要因は全部無視!いつでも前向きな親分タイプ」
「他人には無関心!ストレスフリーな仙人タイプ」

と、ストレスとは無縁という羨ましい人もいるものの、

「24時間ストレスフル!気遣いしすぎる究極のイエスマン」
「ストレス度№1!欲求不満で瀕死寸前の生ける屍」
「本音と建前の板挟みでストレス倍増!断れないお人好しタイプ」

など、悲惨な診断を下された人も多かったよう。「いかにストレスを感じているか」は、意外と自分ではわかりにくいだけに、

「当たってるのかどうかが 自分でわからない」
「自分ではあんまりストレスあるって感じんけど実際はストレスたまっとるんやな」

と、自分のストレス状態を知って、驚く人も少なくないようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト