「ナンパに応じたことある」3割も!

「偶然元彼が…」女子ナンパ事件簿

2016.03.19 SAT

世論調査


「60歳以上のおじさんに『コーヒーでも飲みに行こうよ。』としつこく誘われた。しまいには、『おじさん、君みたいな可愛い子見るとお小遣いあげたくなっちゃう』と言われた」(24歳)というエピソードも。男は、いくつになっても狼だ 写真/PIXTA
街中で偶然、好みの女性を見かけて、「声掛けてみようかな…」と思ったことがある男子は多いはず。でも一般的に女子からは、「ナンパはウザイ」「ありえない」と、とかく不評だ。

昨今のナンパの成功率は、どれくらいなのだろうか。女子たちの実情と本音を知るべく、20代独身女性会社員200人に「ナンパ」についてアンケート調査してみた(協力/アイリサーチ)。

〈男性からナンパをされた経験は?〉
・「ある」 65.5%
・「ない」 34.5%

ナンパを嫌がる女性が多いためか、されたことがない女子も3人に1人以上いるよう。約7割の「ナンパされ経験あり」の女子は、ナンパにどんな印象をもっているのか。記憶に残っているナンパエピソードをきいてみた。

●多種多様! トンデモ系
「わざと方言をつかう」(28歳)
「携帯番号の交換を拒んだら、勝手に自分の携帯番号を大声で言い出した。後で電話してって言われて立ち去られたけど、覚えられるわけないし覚える気もなかった」(27歳)
「声をかけられお断りしたら、勝手に頭をポンポンされた」(26歳)
「運転免許センターでナンパされたこと。こんな所でもナンパするのかと驚いた」(24歳)
「面倒で『結婚してるんで』と断ったら『俺も結婚してるから大丈夫!』って言われた」(27歳)
「早稲田大学に通っていることをアピールしてきた」(24歳)
「えくぼがある子ってエロイんだよって言われた」(24歳)
「『メールアドレス教えてあげてもいいよ』というナンパをうけた。上から目線な感じで気持ち悪くてむかついた」(27歳)

●逆ギレ? 捨て台詞系
「夜通し遊んだ帰りの朝5時に、車高の低いヤン車に乗ったヤンキーにナンパされ、面倒だったのでこれから仕事だと嘘をついたら『仕事なのにこんな時間まで遊ぶな』となぜか怒られた」(23歳)
「断ったら『髪を染めた方がいいよ』と言って去って行ったが意味がわからなかった」(27歳)

●テンション高め! 系
「『おでん食べに行こうや!』と横断歩道のすれ違いざまに言われたこと」(25歳)
「下着を買ったため、少し派手な紙袋を持って歩いていたら、『Tバック買ったん?』と急に話しかけられて、つい笑ってしまい、色々喋ってしまった」(26歳)
「居酒屋で飲んでいたら、となりにいきなり来て手を握ってきた」(28歳)
「抱き上げられて近くのマクドナルドまで連れて行かれた」(28歳)

実に多様なアプローチ! 男子たちの努力とテンションが笑えます。ただ、運転免許センターで手続きをするときって、結構待たされてヒマなこともあるから、気持ち分かるかも…。

では、そんなナンパの成功率は!?

〈ナンパに応じたこと(相手と飲んだり、ついて行ったり、連絡先を交換したりしたこと)は?〉※前問で「ある」と答えた131人に質問

・「ある」 29.8%
・「ない」 70.2%

「絶対無視されそう」というイメージとは裏腹に、実際にはナンパされたうち3割近くの女子が応じている! これ、かなり希望の持てる結果じゃないですか。

「声のかけ方が自然すぎてなんの違和感も覚えず、警戒心も芽生えず、さらっと一緒に飲みに行くことになったことがあって、この人すごいと思った。普通に飲んだだけで終わったし、楽しかった」(29歳)
「お祭りに行ったとき3人組の人から『これから一緒に花火見たい』と言われ一緒に見た」(22歳)
「一夜を共にした」(27歳)

など、「ついて行ってしまった」というコメントも寄せられています。

最後に、もっとも強烈だったナンパエピソードをひとつご紹介。

「ナンパしてきた相手が元カレだった」(27歳)

元カレ、声をかける前に気付かなかったのか!? ある意味運命的な出会いかも。

(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト