ネット界の“旬”なニュースをお届け!

小学生の将来の夢「YouTuber」心配

2016.03.26 SAT

噂のネット事件簿


Forbesによると、2015年に発表されたユーチューバー収入ランキング1位はスウェーデンのゲーム実況者、「PewDiePie」氏。チャンネル登録者数は4000万以上で、推計される年収は14億円にものぼるという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
毎日新聞ニュースサイトで、兵庫県立大学・竹内和雄准教授が、大阪府内のある小学校が調査したという「4年生男子の将来の夢」を紹介。それによると1位「サッカー選手」、2位「医者」に続き、3位に「ユーチューバー」が登場しており、ネットユーザーの間でも話題になっている。

動画を投稿し、広告収入を得るYouTuberは、年間で1000万円以上稼ぐ人も現れるなど、一時大注目された“職業”。簡単な手段ゆえ、誰でもできそうに思われるが、それで食べていけるほどの収入を得られる人はごく一部。また浮き沈みも激しそうなことから、実際職業にするのは厳しいのではないかという見方をする人は多い。しかし一方で、人気の“YouTuberキッズ”も多数存在し、子供たちにとってYouTuberが身近で憧れる存在であるのは確か。

Twitterには、以前よりYouTuberを夢とする小学生がいることが報告されており、

「小学生の弟が持って帰ってきた『みんなの将来の夢』が書かれたプリントに2人も将来の夢がYoutuberのヤツがいて草」
「小学生の弟の将来の夢はYoutuberだそうです。とても彼の今後が心配です。」

などという声があった。そして今回の記事により、改めて

「これはまじ。この前小学生の弟の卒業式行ったんよ。その時に、1人ずつ、感謝の言葉とか将来の夢を大きな声で発表する時間があったんやけど、その時に『将来の夢はユーチューバーになることです』って言った小学生5人ぐらいおった」

と「これはリアル」といった反応が寄せられる一方で、

「将来の夢YouTuberって…
まあ、否定はしないけど競争率エグいし、失敗したらフリーターやらニートやらになる可能性大だからその夢持つのは小学生までにしといた方がいいと思うよ。」
「高校生、大学生の将来なりたい職業がYouTuberだったら何言ってんだお前って思うけど、小学生の夢なら別に文句言うことじゃないと思う」

と、ある程度認めながらも、“許されるのは小学生の間だけ”など、心配そうな意見も目立つ。

いずれにしろ、「アイドルになりたい」「サッカー選手になりたい」と同じように、「YouTuber」が憧れられる職業になっているのは間違いない模様。子供のころの夢は、不景気のときには会社員や公務員が人気になるというが、「YouTuber」の浮上も、やはり時代を反映していると言えそう?
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト