“夢のあるストーリー”は幻だったのか?

「15歳の少年が古代都市発見」 ネットでガセ説

2016.05.15 SUN

噂のネット事件簿


アナタも夜空を見上げていれば、何か発見できるかも!?
5月11日、「15歳の少年がマヤ文明の古代都市を発見した」というニュースが報じられたが、これをガセだとする説がネットに相次いで登場。検証作業が続いている。

話題となっているのは、海外で報じられたカナダの15歳の少年・ウィリアム・ガドリー君の“世紀の発見”のニュース。ガドリー君は、「マヤ文明の古代都市は、星座の並びと一致しているのでは?」との仮説を立て、22の星座の星の位置が117のマヤの都市に一致していることを確認。対応する都市がない星が見つかったため、カナダの宇宙局に連絡し、航空写真を確認したところ、マヤ文明の古代都市が発見された──というのがこのニュースのあらすじだ。

しかしこのニュースが報じられると、マヤ考古学者でフォトグラファだというツイッターユーザーが、

「ガセです。ジャングルの中には一杯、マヤ遺跡があるというだけのこと」

と、一刀両断した。同ユーザーは、

「そもそも、西洋星座を二次元のマップに投影した「星図」の星の配置と合致するように、現実世界の地形上に都市を配置する、ということ自体が、マヤ人の発想として『あり得ません』」
「星図通りに星座が配置されてるんじゃなくて、適当に遺跡の位置を拾っていけば西洋星座の形になる、ってやつですね」
「マヤの星座は幾つか分かって来てますが、いずれも西洋星座とは異なりますね」(ツイートを一部抜粋)

と、その根拠を列挙。また海外の専門家からも、「発見された古代都市はミルパ(焼き畑)の跡」と、発見に疑義を呈する声が寄せられており、ガドリー君の旗色は非常に悪いようだ。

しかし、もしガドリー君の発見が“ガセ”だったとしても、自分が興味を持ったことに没頭し、15歳にしてそのような仮説を立て、なおかつ検証するべく努力したその行動力は非凡極まりないものだ。先述のツイッターユーザーも、

「12歳のころから調べてるらしいから、12歳の発想としては面白いし、それから3年も根気よくやっていた情熱は素晴しい。それだけに、その間に彼を上手く軌道修正してくれる人がいなかったのが悔やまれるね」

と、述べており、ガドリー君の情熱を高く評価している。ガドリー君のもとには国際会議への出席や論文寄稿の招待状が寄せられているのだそう。今回の発見はどうやら“空振り”の可能性もありそうだが、彼の前途には明るい未来が広がっているようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト