ボディに“アルミテープ”を貼ると走りが変わる?

トヨタの「オカルトっぽい新技術」にクルマ好き困惑

2016.09.19 MON

噂のネット事件簿


“世界のトヨタ”が言うのだからウソのはずはないが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
トヨタといえば、もはや説明の必要もない日本最大の企業。ところがそのトヨタが、にわかには信じがたいオカルトめいた新技術を発表し、クルマ好きの間で話題になっている。

トヨタが発表して話題となっているのは、「アルミテープによる空力コントロール」という新技術だ。自動車ニュースサイト「レスポンス」によれば、

「車体が帯びた電気を、最適に配置したアルミテープによって効果的に放出、これにより走行中の車体の空力バランスを部位ごとに変化させ、直進安定性、回頭性などの向上に寄与」

するそう。噛み砕いていえば、アルミテープをボディの適切な場所に貼ると、走りに変化が出るという。同社の新型「ノア/ヴォクシー」やレクサス「RX」にすでに採用されており、トヨタ側は、

「これを付けたり外してみたりすると明らかに性能に変化があった」
「アルミテープは市販のもので良く、バンパーなど様々な場所に貼ることで、様々な効果がある」

と、説明している。

最先端の技術を搭載し、車重が1トンを超す車に薄っぺらいテープを貼るだけで性能が向上するという情報に、クルマ好きは戸惑いを隠せないようだ。ツイッターには、

「さっそく明日試してみます」
「とりあえず貼ってみようかな」
「これ凄いわ 俺も試しにやってみるかな」

と、実践しようという人も現れているものの、

「トヨタのアルミテープ論ほんとかぁ?」
「トヨタさーん大丈夫でーーすかーー?」
「エイプリルフールは半年先ですよ~!?」
「でた公式オカルトチューン・・・」
「なんか嘘くさいけど、天下のトヨタだしねえ(笑)」

など、半信半疑の人が多いよう。

「実際に効果があるのか数値で表して欲しい」
「感覚じゃなく数値化して公表して欲しい」
「うーん.オカルトじゃないならデータ出してくれないと……」

といった批判も寄せられている。ちなみにアルミテープは市販のものでよく、「バンパーなど様々な場所に貼ることで、様々な効果がある」とのこと。数百円の出費で性能が向上するなら安いものだが、信じるか信じないかはあなた次第?
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト