オリンピックは着物で日本を応援!?

和装ブームに乗り遅れるなこの夏は男も浴衣デビュー

2004.07.22 THU

ここ最近、女性が着物を楽しんで着こなしているのを目にする機会が増えている。つい先日、TVにかぶりついて見たバレーボールのオリンピック予選中継で、さりげなく着物を着こなし、ゲームを観戦している女性陣たちがちらほらいたことに気づいただろうか?

四角い布を縫い合わせ、帯で留めるという単純な作りの着物は、色・柄・小物の組み合わせで無限大のおしゃれが楽しめる。単純な分セレクトで差がつく着物を、今年は、おしゃれアイテムの1つとして男性にもトライしてみてもらいたい。

昨年レディースの浴衣でヒットを飛ばしたユニクロは、今年からメンズ浴衣の販売も開始している。情報感度の高い男性は、もうすでにチェック済みのようだ。

「値段も手ごろなユニクロのメンズ浴衣は、若い男性に大好評をいただいています。この夏、花火大会やお祭りなどカップルや家族で、浴衣を気軽に楽しんでいただきたいですね」(ユニクロ プレスチーム)

着物は洋服と違い、直線で構成されている。上半身と下半身を分断しないですっきりと縦長に見せてくれるから胴長・腹ボテなど体型にお悩みの諸兄にもオススメだ。夏の猛暑でも下半身の締め付けが一切ないから、ジーンズのような耐え難い布地の張り付きも防止できる(ムレ防止で少子化対策もバッチリ!)。

独特のエロティシズム漂う作品を世に送り出している、画家・金子國義氏がデザインしたコウモリ柄の浴衣は、ライブでhydeが着用したこともあり問い合わせが殺到。典雅な中にも現代風のアレンジを加えたドクロやサソリ柄も、下品じゃなくどこか品を感じさせると評判も上々だ。

これからオリンピックも開幕し、サッカーのワールドカップ予選が行われたりと、なにかと日本人であることを意識するシーンも多いはず。暑い夏でも爽快で、いい意味でプチ・ナショナリズムを感じさせる、着物ライフを気軽に楽しむことをオススメしたい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト