皇太子と女子高生の結婚で話題

世界一大金持ちの国ブルネイ王国ってどんなとこ?

2004.10.14 THU

世界一大金持ちの国、ブルネイの皇太子が結婚した。お相手はナント女子高校生だとか。羨ましい(?)話だが気になるのは「ブルネイ」だ。アメリカの経済誌「フォーチュン」によれば、ブルネイの王様は総資産額4兆円で世界一の資産家に選ばれている。確かその昔、日本人の某AV女優が王室の一夜妻になった事で有名になったブルネイだけど、一体どんな金持ち国なのか。

ブルネイは正式には『ブルネイ・ダルサラーム国』と言って『永遠に平和な国』という意味がある。インドネシアのボルネオ島の北西部にあって、面積は三重県と同じ。こんな小さな国が何故大金持ちになったのか。答えはカンタン。油田と天然ガスが相次いで大量に見つかったから。大金持ちになった理由はコレだ。ところが、国だけが大金持ちなのは珍しくはないがブルネイの場合、その恩恵を国民全てが受けてるのが凄いところで、人口35万人全員の所得税は一切ナシ。教育費・医療費もほぼタダ。さらにこの特典(?)、ブルネイ国民でなく外国人もオッケー。ということは日本人もオッケーってわけだ。

ブルネイに行ってみたい、ということで、ブルネイ専門の旅行代理店に訊いてみた。オススメ観光地は黄金のモスク(礼拝堂)や世界最大の水上集落、熱帯雨林が一望できるテンブロン国立公園。そして、王室が国民のために作った『ジェルドンパーク』。世界最大のポロ競技場をメインに、遊園地・乗馬場・ゴルフ場・射撃場・サッカー場・病院などが集まった総合公園施設だ。宿泊施設だって世界中のVIP御用達の6つ星級ホテルもちゃんとある。もっと凄いのは住宅。5つのベッドルームに20畳のリビング、さらにメイド専用ルームまである借家がナント日本円で約7万円。メイドを雇っても10万円なのだ。

住んでみるブルネイ? その前にまずは旅行に行ってみますか。2泊3日で10万円。意外とリーズナブル!?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト