マツケンVSギター侍!?

セクシーな大人の男のための「着流し」着こなし入門

2005.01.20 THU

マツケンブームで注目スタイルとなっているのが、着流しだ。厚い胸板、たっぷりした艶腹を強調する姿にウットリという女性も多い。

リサイクル着物専門店の『たんす屋』(www.tokyoyamaki.co.jp/)では、毎月2回、1回1000円で「メンズきもの着付け」教室を開いている。川木幹雄先生にお話を伺った。

「着流しとは、羽織り・はかまを着ない、着物だけのふだん着のこと。着流しは身体の線が出るし、帯の形が見えるので、粋に見えます。ここ数年、20代~30代半ばの男性の方の間でも着物の人気が高まっています」

着流しに向いている体型はありますか?

「胴長短足です。逆に腰骨が高いモデル体型は、帯の位置が上がっちゃうのでバランスが悪く、調整して着ないとなりません」

なるほど、逆立ちしたってイタリアオヤジにはなれない日本男児こそ、着流しを着るべきなのだ。着方も女性の着物に比べれば簡単。

「でも、簡単だからこそ難しい。帯をおへその下でしっかり締めないと着崩れします。帯を安定させるには、お腹が出ていた方がいい。その方がマツケンさんみたいに、前は下がって後ろはくっと上がった帯が理想です」

やはり男は腹が出てナンボ。腹があってセクシーな着流しが完成する。しかし生活習慣病専門医の浅野次義先生は警告する。

「腹が出ているのは内臓脂肪のためと考えられる。最近は内臓脂肪症候群という疾患群が、生活習慣病といわれる糖尿病や高脂血症を引き起こす根本原因とされています」

ちなみにマツケンの公表身長179cm体重90kgからBMIを計算すると肥満度1で注意信号(個人差あり)。かっこいい着流しは生活習慣病と隣合わせ? いやいや、着流しは、腹にタオルを巻いて簡単に補整できるのだ。

「私もタオルを入れてます」(川木先生)

今年はタオルと着流しでマツケンルックを目指そう。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト