NIKITA』発“乳間ネックレス”に話題騒然

男を誘う“乳間ファッション”でこの夏、女子が一層セクシー!!

2005.07.14 THU

乳間(にゅうかん)ってエロい響きじゃないっすか? この夏は乳間、つまり胸の谷間を強調するスタイルが女性にブームだとか。そりゃ思わず期待も高まるというものだ。

言葉の出所は、男性ライフスタイル誌『LEON』(主婦と生活社)の姉妹誌『NIKITA』。30代独身女性をターゲットに「あなたに必要なのは“若さ”じゃなくて“テクニック”」と謳い、乳間で男性を誘おうと提案して反響を呼んでいる。

例えば、胸の谷間にトップが来る長さの「乳間ネックレス」。「垂らしたネックレスに視線を誘導することで、効果的に谷間をアピールできる。その計算と理由が大事なんです」(『NIKITA』編集長・岸田氏)。

その効果を最大限に引き出す乳間アピール服が、デートなどでテンションが上がるにつれボタンを外してゆく(!)「乳間ポロ」や、胸元が深く開いた「深Vトップス」。何だか「見える」というより「見せられる」に近いアグレッシブさが漂っている。まあ、誘導したところで見せる谷間のない女性もいるハズだが、そこはそれ、異常に機能的な下着と努力でなんとかなるのだろう。「谷間はないけど、乳間ポロの記事を書店で見て即買いに走った」(フリーター・28歳)という女性もいるほどだし。

昨今では、見せブラや見せパン(パンツ)に代表されるように、エロとファッションは切っても切れない仲。「エロガンス」(エロ+エレガンス)や「エロかわ」(エロ+かわいい)などの造語も続々と登場しているが「本来ファッションの原点は、異性に対していかに魅力的に見せるかということ。その原点に立ち返れば、自己満足じゃなく、男性にとって魅力的でセクシーな女性が急増すると思います」(岸田氏)。

それは、見られてナンボ見てナンボのシンプルな構造。天然モノか努力の結晶かはともかく、乳間見せ女性は堂々と見て堂々と誉めるのが吉でしょう。ただし、妙なことを口走るとセクハラ騒ぎ勃発なので、くれぐれもご用心を。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト